メルカリ版の仮想通貨?「メルコイン」の利用例を日本初公開|国内最大規模イーサリアム技術者会議「Hi-Con 2018」

メルカリ×ブロックチェーン
coinpost.jp

11月10日に開催された、国内最大規模のイーサリアム技術者会議「Hi-Con」にコインポスト編集部も参加した。 メルペイのブロックチェーン・エンジニアNakamura Keita氏は同カンファレンスにて、社内で試験的に運用されているブロックチェーン技術を導入した新たなメルカリMercariXの開発理由や利用法、課題など、その詳細をスピーチした。

アプリ内でメルコインという通貨を取引する形になる模様。

メルカリのポイントがメルコイン(mercoin)に

将来的には

「ポイント」→「メルコイン(mercoin)」に代わるのではないかと言われてます。

そして、メルコインがまるで現金のように流通する時代になります。

仮想通貨としてのメルコイン

2018年内にも行われるというメルペイの仮想通貨交換業の登録はメルコインを仮想通貨として流通させるための布石ではないでしょうか。

円やドルが持つ通貨としての信用力には遠く及びませんが、メルカリはメルカリユーザーからしたら大きなブランドです。

ファッションにおける有名ブランドをみてもわかるように、ブランドとしての信用や評価は資産的な価値をもちます。

同じ製品であれば人はブランドイメージが良い方を使います。

仮想通貨でもおなじ現象がおきると思います。

仮想通貨としてメルコインが流通すればメルコインはビットコインのように仮想通貨の決済に対応しているコンビニなど、リアルな世界でも決済方法として使用できるはず。