仮想通貨ビットコインが底値割れで5000ドル以下まで大暴落

仮想通貨ビットコインが5000ドル割れまで暴落したことで、相場の過熱感を示すRSI(3日足)は2015年1月以来の低水準まで急落。そんな中、仮想通貨投資仲介プラットフォームeToroのアナリストは、前週比約-20%の下落を記録したイオス(EOS)の買い増しが見られると指摘した。

下落相場で買い増しも|eToroアナリスト

また仮想通貨投資仲介プラットフォームeToroのシニア・アナリストで、市場分析の専門家として定評のあるMati Greepnspan氏は下落相場で、直近1、2週間では暴落が継続する中でも、eToroのユーザーの間では買い増しに走る傾向が見られていると、ユーザーのビットコイン保有量を表すチャートで指摘した。

eToroのユーザーは、この下落を機に、ビットコインの買い増しを逆張りで行っている。

ビットコイン価格分析

昨日、現物価格60万円前後の直近最安値を割り込んだことで急落、重要な節目として意識されていた5,000ドル(56.3万円)ラインまでもを割り込む大暴落が発生した。

日足、週足も大きく崩れてしまっていることで、5000ドルラインを明確に超えるような大きな反発があるまで、戻り売りに押されやすく、下目線優勢となるだろう。

現在の4800ドル付近には、抵抗帯があるため、しばらく上下に揺さぶりながらの保ち合いが続き、方向が決まって行くことが予想される。

上記に記載している抵抗ライン辺りでテクニカルを描く動きとなっているため、そのライン到達後の動きを見て、今後の展開を予想することになる。

現在の4800ドル(約54万円)付近の抵抗帯を下抜けてしまった場合、次のターゲットとなるのは、4170ドルとなるだろう。

上記の日足チャートから確認すると、仮に続落し続けた場合、チャートの形通り推移するならば、3500から3600ドルで大きく反発する可能性があるように見える。

基本的には完全下落トレンドであるが、不用意な空売りを焼いてショートカバーによる急騰も考えられるため、決め打ちは非常に危険だ。

現在、ボラティリティが非常に高くなっており、極めて不安定な相場となっているため、ロットを落とすなどし最新の注意を払ってトレードする必要があるだろ

出典:coinpost.jp