サウジアラビアに拠点を置くイスラム銀行のICD ブロックチェーンをベースに導入

サウジアラビアに拠点を置くイスラム銀行のICD ブロックチェーンをベースに導入

 

民間セクター開発イスラム法人(ICD)は、イスラム銀行が流動性ニーズを管理するためのブロックチェーンをベースにした製品を導入する計画だと、サウジアラビアの多国間機関は述べた。

イスラム金融は技術企業やフィンテックに、シャリア準拠の製品を開発して新市場に拡大するとともに、中東および東南アジアの中心的なコアセンターで成長することを検討しています。

イスラム開発銀行グループの民間部門であるICDは、いくつかの金融技術ツールを開発するために、チュニスに本拠を置くI-FinTech Solutionsと契約を結んだ。

初の製品は、従来の銀行とイスラム銀行がお互いに取引するのを助ける商品ベースの銀行間市場であるとICDは述べている。

イスラム銀行の資産および負債管理にブロックチェーンを使用することは、費用、実行時間を削減し、取引の透明性とトレーサビリティに関連する問題に対処するのに役立つとICDは述べています。

もともとは、暗号化通信を支えると考えられていたblockchainは、数分でトランザクションを処理して解決できる共有データベースであり、非常に安全と考えられています。

イスラム銀行は、中央銀行が提供するほとんどのマネーマーケットやその他の利子付資金調達ツールから制限されており、流動性の圧迫の際に潜在的な不利益を被る。

イスラムの流動性管理ツールは、マレーシアやインドネシアなどの先進国市場では一般的ですが、他の多くのイスラム圏の国々では不足していることもあります。