セキュリティトークンの提供は中国当局からの火の下に来る

セキュリティトークンの提供は中国当局からの火の下に来る

 

1 . ICO詐欺の救済策
2 . 北京対STO

cryptocurrency市場の大幅な減少は、取引の熱意がまだ薄れている証拠かもしれません。それは、新興企業がブロックチェーンベースのIPOの選択肢をあきらめているわけではありません。代わりに、手頃な価格の資金調達ツールであるSecurity Token Offeringは徐々に市場シェアを引き継いでいます。

ICO詐欺の救済策

 

これまでのところ、暗号業界に何らかの形で関与している投資家は、さらなるプロジェクト開発のために十分な金額を集めるためのトークン配布プロセスであるICO(Initial Coin Offering)をよく知っていました。

プロジェクトがICOを保持することを決定すると、通常、それは発行しようとした一種のトークンで解決するジレンマに直面します。今日まで、最も好ましいタイプのICOトークンは、会社の意思決定プロセスの権利を暗示するものではないユーティリティトークンでした。

ユーティリティー・トークンは規制監督の対象にはならないため、トークンの配布プロセスは特別な法的解決を必要としません。しかし、これらの免除のために、ICOは多数の「ポンプ・アンド・ダンプ(pump-and-dump)」計画で評判を得ています。  

これが、ICOが大規模な採択を受けた国々の金融監督当局が最終的に資金調達活動を禁止することになった理由です。

例えば、Coinspeakerが以前に報告したように、中国人民銀行はICOを違法と宣言し、関連する資金調達活動をすべて即時中止するよう求めた。

セキュリティトークンに関しては、投資家は安心して溜息を吐くかもしれません。彼らのお金は安全です。上記のユーティリティトークンとは異なり、セキュリティトークンを使用すると、所有者は利益を共有して、企業ポリシーを定義するために票を投じることができます。

さらに、STO(Security Token Offering)は証券を管理する連邦法の対象であるため、トークンの配布プロセスはICOの詐欺師にとってはあまり魅力的ではありません。

それにもかかわらず、中国の金融当局は、STOを取り除くまでに違いがあることを気にする必要はありません。

北京対STO

ICOが中国で禁止されてから数ヶ月が経過し、北京がSecurity Token Offeringsに関連した悪意のある活動について警告を発した。

週末に開催されたウェルスマネジメント・フォーラムでは、北京市財務局のHuo Xuewen長官は、政府がプロセスを承認するまで、STOを締結すると述べた。STOは、その間に違法な財務活動とみなされることに言及する価値がある。

しかし、一方で、世界の残りの国々はSTOと一緒になっています。過去数ヶ月にわたって、既にICOで資金を調達していた何社ものブロックチェーン企業は、独自のSTOを保有する予定です。