【Revolu】 シンガポールと日本で発売予定

【Revolu】シンガポールと日本で発売予定

 

【Revolut】為替も、海外送金も無料。UKフィンテックの雄を分析。

 

FintechのスタートアップRevolutはアジアの市場拡大を1年以上も悩ませていますが、最終的に起こるかもしれないようです。同社はシンガポールと日本で営業するライセンスを確保している。現在、2019年第1四半期にサービスを開始する予定です。

シンガポールでは、同社は通貨当局からの送金免許とStored Value Facilityの承認を受けています。ユーザーはお金を保有し、送金してお金を使う。日本では、同社は日本の金融庁によって運営されている。

Revolutによると、これらの承認は、これらの国でサービスを開始するのに十分です。しかし、すべての機能がシンガポールと日本に進出するわけではありません。規制は国によって異なるため、同社はどこでも同じ制限と機能セットを提供できない可能性があります。

開始時に、Revolutは電子ウォレットと支払いカードに焦点を当てます。cryptocurrenciesを購入したり、ビジネスアカウントを作成したりすることはできません。制限額は、現地通貨換算でほぼ同じでなければなりません。

日本では、Revolutはすでに、楽天、損保ジャパンインシュアランス(SJNK)、トッパンと契約を結んでいると述べている。新しい保険商品、特別なカードデザインなどがあるようです。

RevolutはシンガポールにAPAC事務所を開設する予定です。Revolutが外国人にサインアップすることを納得させるかどうか、あるいは彼らがヨーロッパ外で本当の影響を与えることができるかどうかを見てみましょう。

また、米国やカナダで潜在的なユーザーであれば、もう少し待つ必要があります。Revolutは、今後数週間でさらに多くのニュースが出るだろうと述べています。