ゲームでお金が稼げちゃう?仮想通貨ゲームに迫る

ゲームしながらお金が稼げたら最高ですよね。。

調べてみると、仮想通貨に関係しているゲームで遊んで稼ぐ方法があるようなんです!!

遊びながら稼げるなんて一石二鳥な話ですよね。

ここでは、そういったゲームで稼ぐ方法やどんなゲームがあるのかを紹介していきたいと思います。

「ブロックチェーンゲーム」って何?

まず、仮想通貨に関係しているゲームのほとんどが『ブロックチェーンゲーム』と呼ばれています。

そもそもブロックチェーンって?とわからない人の為に簡単に説明しますね。

ブロックチェーン分散型台帳技術、または、分散型ネットワークである。

簡単に説明すると、中央管理者のいない不特定多数でネットワーク情報を保管・管理するシステムのこと。

つまりブロックチェーンゲームとは、システム上で動くゲームのことで、

ゲーム内で仮想通貨のやり取りができるという感じです。

例えば、ゲーム内でアイテムを購入したり、バトルで勝ったりすると、

仮想通貨が手に入る形ですまた、ゲーム内で仮想通貨を稼ぎ、現金へ交換することも可能です

ブロックチェーンゲームは「DApps(ダップス)」ともよばれており、

ブロックチェーンゲームを語る上でDAppsの知識は必要不可欠となってきます。

そこで、「DApps」の特徴についても押さえておきましょう。

DApps(ダップス)の特徴

DApps(ダップス)…[Decentralized Applications]の略で、直訳すると「分散型アプリケーション」という意味です。

特徴としては以下の通りです。

1.コントロール主体がなくシステムは自動化されている

dAppsはブロックチェーン上に存在するため、管理者が存在しません。

今までのアプリケーションでは運営が存在し、特定のサーバーが存在していました。
その為、サーバー障害によるサービスダウンのリスクや、運営による多額の利用料の搾取などが問題となっていましたが、dAppsは運営が存在せず、「スマートコントラクト」という機能によって完全自動化されています。

スマートコントラクトは「契約の自動履行」という意味で、「ブロックチェーン上にあらかじめ契約をプログラミングしておく」事が可能な機能です。

例えばバトルで勝った際に、ユーザーへ自動的にお金が支払われる。
こういったアプリケーションの全ての動きがあらかじめブロックチェーン上にプログラミングされており、条件を満たすと自動で処理が実行されます。

つまり、「誰も何もしなくても、一度作ってしまえば自動的に動き続けるサービス」という事です。

2.アプリケーション内にはトークン(仮想通貨)が流通している

DApps内では仮想通貨が流通しており、アプリケーション内の価値のやり取りはこの仮想通貨を用いて行われます。

今までのアプリケーションでは「情報のやり取り」はできたものの、「価値のやり取り」はできませんでした。
しかしブロックチェーンに乗っていることにより、DAppsでは仮想通貨を用いた「価値のやり取り」が可能となります。

ちなみに現状ではイーサリアム(ETH)のシステム上で開発されているものが多いようです。

その為、ゲーム内通貨として使えるのはイーサリアム(ETH)のみになることがほとんどみたいです。

3.オープンソースである

DAppsではアプリケーションのソースコードが全てブロックチェーン上に公開されており、誰でも参照することができます。

見ようと思えば誰でも見る事ができる為、アプリケーションの透明性が保たれています。

4.トークンの利用によってアセット(資産)化される

ブロックチェーンゲームでは、仮想通貨の一種である「トークン」が利用されている為、

資産となって残り続けるものになります。

例えゲームがなくなってしまっても、システム上はトークンを失うことはないことを意味します。

代表的なブロックチェーンゲーム

では、どんなブロックチェーンゲームがあるのか?

代表的なブロックチェーンゲームをいくつか紹介したいと思います。

1.くりぷ豚(クリプトン)

イーサリアム上でそれぞれ世界に1体しかいない豚を収集し、交配し、トレードするゲームです。
豚には様々な特徴があり、なんと全部で3京6000兆ものパターンの豚が存在するようです。(多すぎ)

またくりぷ豚は日本発のブロックチェーンゲームで、既にスマホアプリとしてリリースされています。

アンドロイド版もしくはブラウザ版で遊ぶことができるようです。

2.イーサエモン

モンスターを集め、育てて、他のプレイヤーのモンスターと戦わせるゲームなので、

「dApps版のポケモン」って感じですね。

計6体のモンスターでパーティを組み、敵のモンスターと戦わせ、

勝利することによって仮想通貨をゲットできます!

3.BitGolf(ビットゴルフ)

今までのブロックチェーンゲームは2Dが主流だったのですが、このゲームは3Dです。

しかもプロのゴルファーでモーションキャプチャしているので、かなりリアルな仕上がりになることが予想できます。

また、今までのブロックチェーンゲームになかったリアルタイムPvPが実装されているとか。

購入したアイテムはオープンマーケットで売買可能です!

レアなアイテムをGETして収益を得る可能性も大いにあります!

うれしいことにこのゲームガス代(利用手数料)が不要で遊べるようです。

最後に

ブロックチェーンゲームを始めるには、最低でも準備が必要です。

準備手順
・仮想通貨取引所の口座を開設する
・仮想通貨「イーサリアム」を入手する
・ブラウザウォレットをインストールし、そこに「イーサリアム」を送金する

単純にアプリをインストールすれば始められるスマホゲームと異なり、
ブロックチェーンゲームで遊ぶためにはウォレットの中に仮想通貨が入っている事が絶対条件です

仮想通貨ゲームはまだまだ認知度は低いですが、そのゲームの持つ特徴は革命的です。

ゲームで稼ぐことも不可能ではなくなり、人々の生活を一変させる可能性を秘めています。

先行者利益を得られるかもしれませんよ!