仮想通貨 おもしろためになる集
仮想通貨 おもしろためになる集

:
>>1
いろいろとためになること書いてあるね
:
>>309 ありがと^^ がんがる!!
•【2011年6月9日】90%下落 ビットコイン取引所「マウントゴックス」へのハッキング
•【2013年12月5日】30%下落 中国の中央銀行がビットコインへ注意勧告
•【2015年1月4日】30%下落 英国の大手ビットコイン取引所BitStamp(ビットスタンプ)へのハッキング
•【2016年1月15日】20%下落 マイク・ハーン「ビットコインは失敗だった」と発言
• 【2016年8月3日】13%下落 香港の大手取引所Bitfinexへのハッキング
•【2017年1月11日】30%下落 中国人民銀行が中国の取引所を招集
•【2017年9月11日】 40%下落 中国政府、仮想通貨の国内取引所での取引を全面禁止
•【2017年11月6日】 20%下落 ビットコインキャッシュへハッシュパワーが移動
•【2017年11月30日】 40%下落 ビットコインに大口投資家による仕掛け
•【2017年12月10日】 30%下落 急激な上昇からの大幅な下落
•【2017年1月18日】 40%下落 中国で個人間取引・ウォレットサービスまで規制と報道
•【2017年1月25日-2月6日】 50%下落 Coincheckハッキング・Tether問題

 

:
下2件は2018

 

:

 

:

 

:

 

:

 

:

2018年5月のwebbot(ウェブボット)予測

2018年05月02日

仮想通貨の価格がどうなるか心配な方はいらっしゃしませんか?

もう心配することもなくなりそうです。

今はAIが価格を予想してくれるんです。

5月にAIによる仮想通貨価格の予想が以下にでました。

今後の仮想通貨予想はAIに任せるほうが良いかもしれません。

:

ビットコイン5月から最高値更新

ビットコイン年末10万ドル到達

ライトニングネットワーク実装成功によって見直される?今は送金に2分程度だそうです。

中国の規制が強まる

1月にNEOの価格が上昇する

5月にXRP暴騰

XRPを仕込むのは今のうち?

XRPは2018年に3ドルを目指すが価格操作に注意

XRPは値動きが読みやすくトレーダー向け

5月下旬からBCHが超暴騰

BCHは決済通貨として有能

夏頃に革命、世界中がBTCに注目

革命とは何か?ハイパーインフレやデノミ、貯金封鎖等かな。ちょっと気になります。

DASHは8〜10月頃に政府が絡み急騰する。

2018年中にスカイコイン高騰

仮想通貨人口が1%から13%に増加

ある事件を境に仮想通貨を持たないリスクが高まるのかな

ネオは春からのSNSキャンペーンによって上昇する

イーサリアムが大きく乱高下する

イーサリアムはICOにぶっこむ人が多いのでせっかく上がっても下がるかも

今年イーサリアムは上昇するが、今年半ばと秋頃にスマートコントラクトに深刻な問題が見つかる

イーサリアムがダメなら今度はエイダが本命になるかも

モネロが春以降に高騰する

リップル・モネロは仮想通貨の全体的な上昇の波に乗って上昇する

 

:
ゴックスは格が違うな

 

:

時価総額ランキング(大分類)

時価総額のランキング(大分類)を発表します。
このランキングは「大まかに分類した単位での時価総額」を対象としランキングにしています。例えば株に関しても、グローバルな株式全体の時価総額を比較対象とします。

ランク

分類

時価総額

1位 法定通貨 9900兆円
2位 株式市場 8000兆円
3位 金(ゴールド) 850兆円
4位 仮想通貨全体 60兆円
5位 銀(シルバー) 1.5兆円

 

:

ランキング

対象

時価総額

カテゴリ

1位 米株式 4000兆円 株式
2位 米ドル 1800兆円 法定通貨
3位 ユーロ 1300兆円 法定通貨
4位 日本円 1200兆円 法定通貨
5位 ゴールド 850兆円 商品
6位 ユーロ株式 620兆円 株式
7位 日本株式 540兆円 株式
8位 Apple 90兆円 企業
9位 Google 80兆円 企業
10位 マイクロソフト 72兆円 企業
11位 Amazon 61兆円 企業
12位 仮想通貨全体 60兆円 仮想通貨
13位 Facebook 56兆円 企業
16位 ビットコイン 20兆円 仮想通貨
17位 トヨタ 17兆円 企業
18位 イーサリアム 12兆円 仮想通貨
19位 ビル・ゲイツ 8.7兆円 個人
20位 ジェフベゾス 8.5兆円 個人
21位 ウォーレンバフェット 8.2兆円 個人
22位 ザッカーバーグ 8兆円 個人
23位 リップル 5.3兆円 仮想通貨
27位 銀(シルバー) 1.5兆円 商品

 

:
今はフェイスブックよりしただな

 

:

 

:

仮想通貨は新興市場として台頭し、その急成長性及びボラティリティから、FXや他の投資資産の何倍もの利益を得られるとして注目されていました。

そして、投資家の技量に関わらず多くの投資家達が容易な利益を求め、この新興市場に参入してきました。

彼らの口座にある資産評価額は、仮想通貨価格が急激に上昇していく中、週ごとに目に見えて増えていきました。

しかし、そんな最中、仮想通貨市場の価格暴落が起きてしまったのです。

2017年末に、仮想通貨市場に当初あった熱気や、新規参入者の数が価格を押し上げる要因が不十分となり、結果、多くの仮想通貨トークンの価格が急落しました。

そして、数週間のうちに、仮想通貨市場を牽引してきたビットコインの価格が70%ほど下落するまでに至り、新規参入者達を戦慄させました。

仮想通貨市場は終わりという考えも蔓延り、仮想通貨市場はバブルであり、弾けるのは時間の問題であると主張していた人々がようやく報われた瞬間でもありました。

しかし、一度私達の生活に根付いた仮想通貨のような資産は、金融エコシステムの一部となり、容易に無くなることはありません。

 

:
例のbtcの価格推移も頼むで

 

:

【祝上場!本日23:59分まで残りわずか!】仮想通貨30万円分を無料でプレゼント

有名仮想通貨の開発者が価値が30倍になる事を確定している仮想通貨を30万円分無料でプレゼントしています。http://alturl.com/h4btj

既にマレーシアと台湾の大手取引所に上場が予定されており、価格が30倍どころか爆発的に上がっていく可能性も十分に考えられます。
30倍どころか更に価値が爆発的に上がる可能性を秘めた通貨となります。http://alturl.com/h4btj

合わせてオススメ⇒http://alturl.com/cxd66
http://alturl.com/e54sp

つまりあなたは無料で900万円分の資産を今すぐに手にすることが出来るという事です。この900万円を使えばかなり大きく人生を変えることが出来ます。

例えばこのお金を使ってさらに他の銘柄やICOに投資をしても良いですし、長期保有してさらに資産を増やしても良いでしょう。

とにかく900万円を今すぐに手に入れば、
他のライバルたちを出し抜いて圧倒的なスピードで
資産を増やすことが出来るのです。

本日23:59分締め切りの残りわずかの提供となってますので興味のある方は急いで登録してください。

 

:

JPモルガンの次世代を担う若手
世界最大の米投資銀行「JPモルガン」が、自社の顧客による仮想通貨関連投資に協力すべく、「Fintech&In-Residence」プログラムの最高執行責任者である「Oliver Harris」氏(29歳)を、新設された「仮想通貨・資産戦略部」の最高責任者として任命しました。

過去の経緯
国際金融の大御所であるJPモルガンCEO「Jamie Dimon」氏は2017年、高騰を続けていたビットコイン(BTC)価格について、歴史上最古の金融バブルに準えて”チューリップバブル(1636-1637年)”以下であると強く非難。詐欺呼ばわりするなどして大きな波紋を呼びました。

しかし、仮想通貨市場がさらに大きく成長を遂げた2018年1月には、当時の発言を後悔している様子が、CNNによって報じられています。

「私のビットコインに対する見解は、政府のそれと概ね一致していた。他の人たちと異なる意見を持っているだけで、ビットコインには興味がない。」

「一方、ブロックチェーン技術は本物であり、自社で活用できる可能性を検証している。ただし、ICO(仮想通貨の資金調達)については、(詐欺なども多いため)慎重に見極めなければならない。」

このような意見を受けて、元ゴールドマンサックス出身で「Blocktower Capital(仮想通貨ヘッジファンド)」創立者であるAri Paul氏は、

「JPモルガンCEOであるDimon氏ともあろうものが、仮想通貨に関する”知識”を欠いているとは考えにくい。」
と疑問を呈しました。

むしろDimon氏は、仮想通貨が銀行よりも巨大な資金を容易に送金できることで、JPモルガンが提供する「オフショア口座サービス」にとって脅威であると見なしているようです。

その一方で、JPモルガンの共同社長Pinto氏は昨日、「金融システムなど”経済のトークン化”はじきに到来するだろう。仮想通貨は本物だが、その採用方法についてはおそらく今の形ではないだろう。」と言及しています。

 

:

クラウドセールの準備を進めているMINEプロジェクトは、マイニングファームを運営する公式な認可を、中国政府から取得した。これは中国初の出来事であり、当プロジェクトの重要なマイルストーンとなる。

現在のところ、中国政府から公式な認可を取得したマイニングファームは、他にない。現存するマイニングファームは、農業用電力を違法に使用していたり、違法な状態で事業運営を続けてきたところばかりで、いつ摘発されても特に驚きはない。

 

:
 世界中のブロックチェーン企業やプロジェクトが集まるブロックショー・ヨーロッパ2018カンファレンスが28日から29日にかけて、ベルリンで開催される。これに先駆け、ブロックチェーンの分野で業界をリードする女性や企業を対象とした投票を行う。

 

:

 韓国は長い間、仮想通貨の世界で中心的なプレイヤーだった。しかし最近の政府による取り締まりが、同国のブロックチェーン関連企業の成長を妨げてしまっている。

取引所への捜査が行われたばかりだが、同国ではイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を再び合法化しようとする動きがある。韓国の国会議員たちが、ICOに対する現在の禁止措置を取り除くための、法律の制定に取り組んでいる。

コリアタイムズによれば、国会議員のグループが、17年9月に施行された国内ICOに対する政府の禁止措置を、ひっくり返そうと活動している。

 

:

 ブロックショー・ヨーロッパ2018の開催までおよそ1週間。28~29日のベルリンで、3000人を超える参加者を待ち受けているものは何かを紹介していく。

新着ニュース&豪華な顔ぶれのスピーカー陣
まず第一に、カンファレンスの価値は、そのスピーカーの質によって決まる。ブロックショー・ヨーロッパ2018では、100人を超えるブロックチェーンの専門家や関係者が参加する。

 

:

中国、インド、韓国などが、取引所の閉鎖も検討するなど、過剰とも言える規制強化を図る中、仮想通貨市場は、先進国の間で着実にルール整備が進んでいます。

世界経済を牽引する20ヶ国によって構成された「G20」でも、仮想通貨業界の話題が取り上げられており、仮想通貨を”金融資産”として定義することが合意されています。

さらに、仮想通貨業界の最初の世界基準となる「統一された規制」も、7月のG20会議にて提出される予定です。

ビットコイン先物市場も、2017年第四四半期にCME(シカゴマーカンタイル取引所)や、CBOE(シカゴオプション取引所)によって解放され、3月には、トロント基盤のTMX Groupが、ビットコイン及びイーサリアムの先物を導入。

そして今月5月には、大手投資銀行のゴールドマンサックスが、ビットコイン先物領域への参入を発表しています。

 

:

2018年初め、ビットコインマイニングの処理能力において、中国が3分の2以上の割合を有していたことで、独占状態にありました。

しかし、現在では同国の中央銀行である中国人民銀行によってマイナーへの電力供給を制限されています。

そんな中カナダは、安価かつ安定的な電力供給により、ビットコインマイナーにとって魅力的な移転先となっています。

カナダ政府もマイニングに寛容であり、ブロックチェーン技術の理解に努めています。

そのほかの移転先としてはヨーロッパも挙げられ、特に「再生可能エネルギー」で、安定的に安価な電力供給を可能にしたアイスランドが注目されています。

 

:

2018年年より、ビットコインなどの仮想通貨全般が大幅下落した一方で、ICOの勢いは止まる所を知りません。

ICOの月間報告書によると、2018年度における毎月のICOは、ビットコインの価格がピークを付けた2017年12月の水準を超えているとされています。

中でも、インスタントメッセージサービスを提供するTelegram Messenger有限責任事業組合は、4月20日に史上最大となる、17億ドル(約1,870億円)のICO資金調達額は、ICO全体第一四半期の内、実に1/4を占めています。

 

:
 タイは13日、仮想通貨に関する規制枠組みを導入した国の仲間入りを果たした。
100項に及ぶ法律は、タイの王国官報で公表され、仮想通貨
をタイ証券取引委員会(SEC)の規制管轄下に入るデジタルアセット、
デジタルトークンと定義しており、SECが同国での仮想通貨取引の主要な
規制当局となる。

 

:

ブロックチェーン分野における最大の進展は、多くの大手銀行がブロックチェーン技術に投資を始めていることでしょう。

カナダのロイヤルバンクは、3月にこの分野の特許出願で、顧客の過去の予測データを使用して信用格付けを生成する、「ブロックチェーン上に構築されたプラットフォーム」の概要を説明しています。

世界で7番目の規模を誇るHSBCホールディングスも、5月にブロックチェーンスタートアップのR3社によって開発されたプラットフォーム「Corda」を使用したと報じられています。

また、「SBI Ripple Asia」主導で進める「内外為替一元化コンソーシアム」では、メガバンクを含む多くの銀行が参加しています。

 

:
楽天で買えるビットコイン等のコインは偽物です
化粧箱やアクリルカバーで高級感を出していますが騙されないでください
仮想通貨としての価値は全くありません
https://a.r10.to/hvD7z4

 

:
>>28

 

:

イギリスのLMAX EXCHANGEが仮想通貨取引所開設へ

英国金融行動監視機構(FCA)の規制下にあり、FX取引施設を運営するLMAX Exchangeは、 5月21日、機関投資家に限定した、仮想通貨取引所の開設を発表しました。

LMAX Exchange(以下LMAX)は、多角的取引システム(MTF)オペレーターとして、2010年の設立以来、累計10兆ドル(約1100兆円)に上る法定通貨建ての取引を行ってきた実績があります。

LMAXによると、 機関投資家向けの「LMAXデジタル」の開発に着手したのは、 顧客からの強い要望によるものと発表。

「FX機関投資市場で学んだすべて」を注ぎ込んだ「根本的な機能強化の上で安全な取引所」として、仮想通貨の中でも流動性の高いBTC、 ETH、 LTC、XRP、BCH の五通貨を取り扱い、一日24時間、週7日の取引が可能となります。

 

:

アルゼンチンの銀行がビットコインをクロスボーダー取引に採用
アルゼンチンの銀行、Banco Masventas(以下BMV)が、ビットコインによるクロスボーダー取引(国際間の送金・決済)を開始すると発表したことがCoinDeskで明らかになりました。

BMVとBitexの提携のニュースと合わせて、BMVがSwiftの代わりにビットコインをクロスボーダー取引に用いるとの公表となりました。

Bitexマーケティング責任者のManuel Beaudroit氏はCoinDeskに対し、以下のように述べています。

BMVの今回の決定は、一国に拠点を構える銀行としては初となるビットコインのクロスボーダー取引への採用であると、Bitexは確信しています。

 

:

 中国工業情報化部が発行した「ブロックチェーン産業白書」は、国内のブロックチェーン産業が17年に指数関数的な成長を見せたことを明らかにしている。工業情報化部が21日にリリースで明らかにした。

157ページにわたる白書では、17年に178社のブロックチェーン関連のスタートアップ企業が中国で創設され、ブロックチェーン関連の企業数は計456社になったことを明らかにしている。16年に創設されたスタートアップ社数は
136社だった。

ブロックチェーン技術への投資は17年にピークだった。現段階では最大規模の投資で、計249件に及ぶブロックチェーン関連のスタートアップ企業による自己資本調達のうち、17年に報告された件数は100件に上ったことも示している。
この数字は、14年から16年に報告された自己資本調達の件数よりも多い。とりわけ、18年の第1四半期だけで、すでに新たな資金調達計画が68件も報告されている。

白書では、ブロックチェーンに対する中国の政策と規制枠組みが「段階的に改善された」とし、「ブロックチェーン技術は、国家の科学・技術戦略のレベルまで成長した」と述べている。また、ブロックチェーンは
「コストダウンと効率化」によって、伝統産業の発展を「押し上げている」とも述べている。

 

:

 米国とカナダの州レベルの証券規制当局は、詐欺の可能性のある仮想通貨投資プログラムに対する捜査「仮想通貨一掃作戦」を開始した。
21日のプレスリリースで明らかにした。最近行われた疑わしい仮想通貨投資商品に対する取り締まりは、州当局による最大の協調捜査であるという。

北米証券管理者協会(NASAA)がまとめ役となり、40の管轄区域の規制当局が70件の捜査を開始している。今後数週間で件数はさらに増える見込みだ
。証券規制当局は約35社に対し、州証券法違反の疑いで警告を行い、停止命令に至ったケースもあるという。

NASSAは今年はじめ、仮想通貨やICOに付随するリスクに関し、今年始め一般投資家に警告を発した。NASSAは、今回の捜査は疑いのある
イニシャル・コイン・オファリング(ICO)に焦点が当てられていると述べた。

ワシントン・ポストによれば、捜査員は最近数週間で約30000件の仮想通貨関連ドメイン名を見つけたという。そのほとんどは、ビットコイン(BTC)が史上最高値の約$20000に達した2017年に登録されたものだった。

 

:

 次に仮想通貨市場が急上昇する時は、機関投資家が参入した時だろう。既存のオペレーターは、機関投資家向けの商品を改善しはじめた。コインベースは銀行のライセンスを取得しようとしているとの噂もある。これは大口顧客を惹きつけるだろう。

仮想通貨のポテンシャルに気がつき、ベンチャーキャピタルは投資を増加しようと足固めをしている。スナップチャットに投資するライトスピードは、仮想通貨市場に参入したVCの最新の例だ。このほか、コムキャストベンチャーや
ロックフェラー家のベンロックなどが仮想通貨市場に積極的に参入しようとしている。

仮想通貨市場の時価総額が低下する中で、機関投資家の興味が上がってきたことは興味深い。小口投資家はこれを考慮に入れるべきだろう。ネガティブなニュースに左右されず長期的な目的による投資を考えてみるのも良いだろう。

 

:

アメリカとカナダの共同戦線

今月5月から、アメリカ及び、カナダの40以上の証券規制局が一丸となって、悪意のある仮想通貨関連投資商品を排除することを目的とした”Operation Crypto-sweep(仮想通貨大掃除作戦)”と称した活動を開始しました。

これは、北米証券監督官協会(以下、NASAA)によって取り仕切られ、州や地方の公式機関が仮想通貨詐欺に対抗する過去最大の取り組みとなっています。

この活動は、ドットコムバブルであった1990年代にインターネット株の詐欺の際に行われ、同じくNASAAによって指揮が取られた活動を参考に発足されました。

今回の活動を発足させたNASAAによると、現時点までに、70以上のプロジェクトにおいて捜査が行われ、35ものプロジェクトに対し、既に業務改善命令など、何らかの処置が施行中、または、完結したと発表されています。

「私達がこの活動によって改善できるのは、氷山の一角に過ぎません。」とNASAAの代表及び、アラバマ州の証券委員会のディレクターを務めるJoe Borg氏(以下、Borg氏)は主張しました。

「私達は、投資家目線に立って考え、何が投資家達に宣伝されているのかを見ています。そして、それらが証券法に則って提供されているのかを確認しています。」と彼は語り、ICOや、仮想通貨関連商品の全てが詐欺でないことは認識していることも主張しました。

しかし、仮想通貨の高まりや、一般投資家達が参入して来ているこの状況では、消費者達が、詐欺に直面するリスクも高まって来ているのも事実です。

 

:
 取引量ベースで世界最大手の仮想通貨取引所OKEXのCEO職を務めていた李書沸(リー・シューフェイ)氏が、競合であるHuobi(フォビ)の取締役会秘書および国際市場開拓の要職についたことがわかった。
リー氏は先週14日にOKEXのCEO職、OKコインのCFO職を辞任したばかり。まさに仮想通貨界の最大手取引所を舞台とした「電撃移籍」だ。

 

:

 台湾の立法委員(国会議員)が、ブロックチェーン業界の発展を促すため、ブロックチェーン議員連盟を結成した。許毓仁議員が22日にフェイスブックで発表した。

許議員が率いる新たな「台湾ブロックチェーン議員連盟(TPCB)」は、ブロックチェーン部門と仮想通貨関連の明確で友好的な規制の枠組みを策定するため、超党派の合意を得ることを目指す。

 

:

 台湾の立法委員(国会議員)が、ブロックチェーン業界の発展を促すため、ブロックチェーン議員連盟を結成した。許毓仁議員が22日にフェイスブックで発表した。

許議員が率いる新たな「台湾ブロックチェーン議員連盟(TPCB)」は、ブロックチェーン部門と仮想通貨関連の明確で友好的な規制の枠組みを策定するため、超党派の合意を得ることを目指す。

 

:

シンガポール企業がビットトレード社の経営権取得
国内仮想通貨交換業登録済みであるビットトレード社のプレスリリースによると、5月22日付で同社の75%の株式をシンガポールの企業に譲渡するとの事です。

仮想通貨に関する様々なビジネスリスクに備えた資本確保の為に、資金力が豊富なシンガポール企業へ経営権を譲渡するようですが、現社長である閏間亮社長は引き続き、同社の代表取締役社長を務めるとの事です。

 

:
中央銀行が発行するデジタル通貨への関心の高まり
5月18日に、イングランド銀行は、中央銀行が母体となって仮想通貨の発行を行う、中央銀行が発行するデジタル通貨(以下、CBDC)の潜在的リスク、財政の安定に関する課題をまとめた報告書を公開しました。

 

:

ロシアでの新たな取り組み
ブロックチェーン技術は、多くの金融機関によって採用されてきています。

そして、ロシアの投資、商業銀行分野において最大の規模を誇るロシア貯蓄銀行(Sberbank)及び、大手通信会社であるMTSが、商業用債権取引を
ブロックチェーン上で行ったことを発表しました。

その発表で、MTSは、ロシア最大の証券保管振替機関であるNational Settlement Depository(以下、NSD)によって提供されている独自の
ブロックチェーンプラットフォームのスマートコントラクト機能を使用して、約1200万ドル(約13.2億円)の商業用債権の購入を行ったとされています。

これは、ロシアで初の試みとなっています。

 

:

マカフィー氏がまたも”強気発言”
月曜日のツイートにて、マカフィー氏はトレーダーに対し、次の仮想通貨の盛り上がりに備えるよう促しました。

マカフィー氏は、仮想通貨市場への機関投資家からの現金資本の流入を根拠として主張を展開しているようです。

また、仮想通貨市場への資本の流入によって上位10種の通貨は劇的な上昇を見せるとも述べており、その他の通貨についても、投資家たちがポートフォリオを多様化させるにつれて価格の上昇が見込まれるとしています。