【Bitmain】アメリカ北カリフォルニア Bitmainに対して5百万ドルの訴訟を提起

【Bitmain】アメリカ北カリフォルニア Bitmainに対して5百万ドルの訴訟を提起

 

 

目次


 

1.アメリカ北カリフォルニア北部で中国南部のBitmainに対抗して、500万ドルを超える集団訴訟を提起された

2.Bitmainって?

3.【BitMain】世界最大のマイニング関連会社の事業内容、怪しい噂まで

アメリカ北カリフォルニア北部で中国南部のBitmainに対抗して、500万ドルを超える集団訴訟を提起された

同社は、お客様が新しく購入したマシンを利用して、顧客が機器を構成している間に、完全なパワーで暗号侵害で訴訟を掘り起こしていると非難されています。

Bitmainって?

Bitmainとは、子会社によるビットコインのハッシュレートは世界一を誇り、他にもマイニング機器Antminerの販売や、マイニングプール、クラウドマイニングまで幅広く仮想通貨マイニングを専門に扱う会社です。CEOはJihan Woo氏で、北京に本社を構えています。

 

公式の裁判所の文書は以下の通り

「以前は、BitmainのASICデバイスを設定し、低電力モードで初期化することができましたが、これはBitmainの暗号を無効にしませんでした。

しかし、Bitmainが過去数年間に世界最大の暗号侵入鉱夫の1つとして確立した後、被告はASICデバイスを再設計して、製品を購入する顧客ではなく、その利益のために暗号侵害を掘り起こしました。

好都合なことに、Bitmainは顧客の仕様でASICを構成するのに必要な1秒ごとにキャッシュし、ASICデバイスを顧客の足元で稼働させるための大幅なコストを負担します。

法的文書によると、2年前まで、同社の鉱山設備は常に低消費電力モードで動作するように設定されており、抽出されたコインを受け取るためのデフォルトアカウントはまだ設定されていませんでした。このような状況は変わったようです。

訴訟の原告の中には、カリフォルニア州ロサンゼルスのGor Gevorkyanがある。Gevorkyanは、AntMiner S9を含むBitmain ASICデバイスを購入し、2018年1月に暗号侵害を掘り起こすと述べています。

このドキュメントでは、デバイスの構成が非常に難しく、プロセスに「相当の時間を要する」と書かれています。購入したデバイスは、Bitmainの利益のために仮想通貨を採掘するように事前設定されていました。

さらに、本出願は、デフォルトでフルパワーモードで動作すると主張しており、Gevorkyanの電力使用量およびエネルギー使用量が高くなっています。

この商品は、Gevorkyanの個人用暗号アカウントに設定されるまでBitmainの暗号解読を継続していたとされる。

Bitmainの鉱山設備は、フルスピードで動作する場合には、莫大なエネルギーを必要とすると報告されています。例えば、Antminer S9は、最大1375ワットの電力を必要とするとされています。

これを60〜100ワットの電力で作動する標準的な電球と比較してください。さらに、Bitmainの鉱山機器は、構成するには数時間から数日かかることがあります。

全体として、原告のクラスは「非常に多く、すべてのメンバーの結合が実用的ではない」と提出している。

情報と信念については、クラスには100,000人以上のメンバーが含まれています」クラスの法律担当者は、プレスの時にクラスサイズを100人をわずかに超えた特定の基準を導入しています。

パブリック。しかし、すべての原告は、「被告が本明細書で主張する共通法令違反」から「経済的傷害」を受けた当事者となることを文書は示している。

裁判所の文書によると、Bitmainは、不公正競争法(UCL)の違反行為は「公共政策に違反し、不道徳で非倫理的で、抑圧的かつ非道実的であり、顧客に利益をもたらさない」という点で、原告の弁護士は、Bitmainの「不公平かつ欺瞞的な」慣行から生じる自己払いの手数料、最高の利子率、弁護士費用および費用の支払いを顧客に補償することを要求しています。

このケースは、2018年11月19日にカリフォルニア州北部のサンタクララ郡に提出されました。

これは、BitMain、Inc.が主要事業所を記載しているためです。次のステップは陪審の選択であり、試用日はまだ確定していません。

【BitMain】世界最大のマイニング関連会社の事業内容、怪しい噂まで

Bitmainとは、子会社によるビットコインのハッシュレートは世界一を誇り、他にもマイニング機器Antminerの販売や、マイニングプール、クラウドマイニングまで幅広く仮想通貨マイニングを専門に扱う会社です。

CEOはJihan Woo氏で、北京に本社を構えています。

今や世界中で仮想通貨のマイニングが行われており、その魅力的な収益性から、日本でもマイニング用の高性能の機械が秋葉原をはじめ日本中で売り切れる、という事態になりました。

ビットコインの他にもイーサリアムをはじめとして様々な仮想通貨がマイニングされていますが、ビットコインに限った話で、いま世界で最も採掘量が多いのは誰だかご存知ですか?

実は個人採掘家ではなく、中国のBitmainという会社なのです。