先は明るい!?ステラってなんだ?

ここ最近、

仮想通貨業界でよく耳にするステラ【XLM】とは一体どんなものなのか…

注目されているヒミツを紐といていきます。

まず、

ステラ【XLM】は

リップル【XRP】

マウントゴックス社【Mt. Gox】の創始者ジェド・マケーレブ氏がリップル【XRP】を元に開発しました。

リップルが企業利用向け送金、決済システムに対して

ステラは個人利用向けになっています。

 

ステラの特徴

・スケーラブル:1秒あたり1,000回の処理が可能

・取引手数料:基本手数料は0.0001XLMに設定されている。

・送金や決済の効率化:リップルと同様にゲートウェイ(企業や個人)が発行するIOU(非公式の借用証明書)をネットワーク内でやり取りすることで取引を効率化しています。

・誤送信の処理を解決:トランザクションは不可逆ですが、発行した資産をフリーズすることが可能です。資産をフリーズすると資産の価値がユーザーに表示され、送金したユーザーに戻すことができます。

・コンセンサス メカニズム:SCP(Stellar Consensus Protocol)が使われており、リップルでは80%以上の合意が得られなければ承認されなかったものが、SCPでは80%以上でなくても承認されます。

・トークン発行の手軽さ:Stellarでトークンを発行するのは簡単で、シンプルなトークンは数時間で発行でき、複雑なものでも1日~2日で発行が可能です。
Stellarは、簡単なプログラミングをサポートしているため、給与の高いスマートコントラクトエンジニアを雇うことなくトークン発行が可能です。

・分散型:リップルが中央集権的であるのに対してStellarは非営利団体でオープンソースであり分散型です。

ステラの将来

ステラはリップルの血統を引き継ぎながらも独自の路線を進んでいます。

世界各国【フランス、マレーシア、韓国、イギリスなど】の企業と提携しており

この先も多くの企業と提携されることが予想され、将来有望な仮想通貨として期待されています。

また今後、ステラのプラットフォームで世界中の人がトークンを発行したり送金したいりすることができるようになると思われます。

ますます期待が高まる今後注目の仮想通貨の一つに違いありません。

最後に

ステラの利用にはFacebookのアカウントを持っている必要があり、Facebookの認証を行う必要があります。

事前に準備しておく必要がありそうです。