【BitGive】Bitcoinの寄付プラットフォーム「GiveTrack 1.0」をネットで発表

2017年にBitGive FoundationはBlockchain ベースの寄付プラットフォームGiveTrack のベータ版GiveTrack 1.0を発表し、メインネット上に発表しました。

 

 

目次


 

1.GiveTrackプラットフォームは?
2.「世界中の重要な仕事をしている4人の驚くべきNGOパートナーとともに、ラテンアメリカでこの機会を持つことを楽しみにしていることは喜ばしいことです」。
3.#Give1BTC

GiveTrackプラットフォームは?

寄付プロセスに透明性をもたらすために作成されました。プラットフォームを使用することで、募金活動をビットコインで行うことができ、寄付者が資金の進捗状況をリアルタイムで追跡し、寄付を意図した慈善団体に確実に送って、意図した目的に合うようにすることができます。

チリのラテンアメリカのBitcoin and Blockchain Conferenceで発表された最新のGiveTrackバージョンは、新しいテクノロジースタックとドナーと非営利団体の簡単なオンボード機能を備えたベータ版へのアップグレードです。

BitGiveは、ビットコインを使用してグローバルなチャリティプロジェクトを支援する最初のビットコインベースの501(c)(3)非営利団体です。

この基金は、母子保健・新生児インドプログラムやチャンドロ小学校の水道プロジェクトなど、これまでに数多くのプロジェクトに資金を提供してきました。

「世界中の重要な仕事をしている4人の驚くべきNGOパートナーとともに、ラテンアメリカでこの機会を持つことを楽しみにしていることは喜ばしいことです」。

BitGinの創設者兼エグゼクティブディレクターのConnie Gallippi氏は、Bitcoin Magazineとのインタビューで述べています。

ローンチに加えて、非営利団体は、新たにリリースされたGiveTrack 1.0プラットフォームに追加された最初の非営利団体を支援するためのグローバルBitcoin募金を発表しました。

アフガニスタンに拠点を置く女子教育コーディング・アカデミー、Inspire、DesafíoLevantemos Chile、America Solidaria、Run for Waterは、募金活動に参加した最初の非営利団体です。

ホリデーシーズンが近づくにつれて、BitGiveはコミュニティが新しいプラットフォームを使ってこれらの慈善団体に与えることを奨励されることを願っています。

Gallippi氏は、キャンペーンの非営利団体を選ぶ際に使用された意思決定プロセスについてコメントしています。

「ビットコインとブロックチェーン技術の最前線に関心のある世界中の様々なミッションと場所を持つNGOを探し出し、適切な視聴者に到達するための非営利セクターの経験を積んだ。

今後、非営利団体は、GiveTrackプラットフォームに登録してプロジェクトを公開することで、ブロックチェーンの力を活用して、提供することができます。

#Give1BTC

BitGiveは、#Give1BTCキャンペーンも実施しています。このキャンペーンでは、企業のドナーがGiveTrack 1.0プラットフォームの非営利団体を支援するために1ビートコインや5,000ドルのホリデーシーズンを提供することを奨励しています。

RSKとBloqはどちらもそれぞれ5,000ドルの寄付でキャンペーンを開始しています。

「我々の開発パートナーKoibanxがプロジェクトへの献身、そしてキックオフの寄付者であるRSKとBloqに感謝して、キャンペーンを開始する。

BitcoinとBlockchainのコミュニティが、このキャンペーンを取り入れて、推測を超えてこの技術の強力なユースケースを実証しています」とGallippi氏は述べています。

先月、BitGive はAmazonSmileプログラムに参加しました。そこではAmazonの購買者は購入金額の一部をBitGiveに受動的に寄付することができました。