【もしものことが起きた時必見】天災などからマイニングを守るには

2018年を振り返ると非常に天災が多かったですよね。。

記録的な豪雨、強烈な台風.、地震…多くの犠牲者、甚大な被害を出ました。

北海道では地震によって発電所がダメージを受け、

北海道全域でブラックアウトという大規模停電が発生してしまいました。

マイナーにとって心配なのは、停電によるマイニングへの影響ですよね。。

停電によって動作が止まってしまったら当然ながら採掘も行われません!

そこで、マイニングと大規模停電の関係について今回解説したいと思います。

大規模停電に影響により個人マイナーが被害

台風や地震による大規模停電は、個人的にマイニングをしている人たちの採掘も止めることとなりました。

パソコンレベルで取り組んでいる人ならともかく、マイニングリグを組み立てて本格的に自宅マイニングをしている人にとっては、かなりのダメージでした。

決して安い投資ではないマイニングリグを構築し、高額の電気代覚悟で採掘をしているからこそ、

動かないとなると死活問題です!!!冗談じゃないよって話です。

マイニングリグ・・・マイニングをするための装置。

仮想通貨を採掘(マイニング)するための機材のことです。マイニングとは採掘、リグとは機材・装置といった意味を表します。

マイニングリグを停電から守るには

データセンターやマイニングファームは安定稼働が絶対条件なので、

非常用の電源システムによって停電時でも稼働を続けられるように設計されているのです

停電が長引いて非常用電源がもたないという場合であっても、安全にマシンを終了して通電を待つようにできているみたいですよ!!

停電即停止という環境で運用するよりもマイニングファームで採掘をする方が安全であることは言うまでもありません。

一番いいのは、自宅マイニングであっても無停電電源装置を使えば突然の動作停止を防げるようです!

金額は安いものではありませんが、導入の価値はありますよね?

今から準備できること

停電のリスクがあるなら、台風が通過するまではマシンを終了させておく

■無停電電源装置を使う

まさに備えあれば憂いなしです!!!!

この機会に検討してみてはいかがでしょうか?(^^)/