半端ない‼ ロナウジーニョ 仮想通貨参入 その名は【RSCoin】

ロナウジーニョが仮想通貨プロジェクト「RSCoin(ロナウジーニョ・サッカー・コイン)」を発表!

サッカーブラジル代表で知られるロナウジーニョことロナウド・デ・アシス・モレイラ選手が、仮想通貨プロジェクト「RSCoin(ロナウジーニョ・サッカー・コイン)」を発表しました。

 

ブロックチェーン活用のデジタルスタジアム展開へ

仮想通貨プロジェクト「RSCoin」では、サッカー専門学校の設立や世界各地のアマチュアとの試合の開催などが計画されています。特に、ブロックチェーンやVR(仮想現実)など最先端の技術を活用したデジタルスタジアムの展開には多くの注目が集まっているようです。デジタルスタジアムは3年以内にアジアや中東、欧米など世界300ヶ所に展開することを目標にしているとのことです。

サッカー選手の仮想通貨業界への参入が近頃盛んになってきており、コロンビア代表のハメス・ロドリゲス選手は独自トークン「JR10トークン」の発行を発表しています。また、Jリーグヴィッセル神戸所属のアンドレス・イニエスタ選手と元サッカー選手のカルレス・プジョル氏は共同でスポーツ愛好家のためのブロックチェーン型ソーシャルネットワーク「Olyseum」を発表しています。