着々と準備を進める楽天

8/31日、日本最大級のネット通信販売で知られる楽天グループが、連結子会社である楽天カードを通じて仮想通貨交換業を営むみんなのビットコインの全株式を2億6500万円で取得することを明らかにした。

「楽天グループ」は、Eコマースにとどまらず、トラベル、デジタルコンテンツ、通信等のインターネットサービス、当社グループの提供するクレジットカード関連サービスをはじめとする銀行、証券、保険、電子マネーといったFinTech(金融)サービスにおいて、独自の経済圏「楽天エコシステム(経済圏)」を確立しており、2016年時点で、ブロックチェーンの研究機関として「楽天ブロックチェーン・ラボ」を英国・ベルファストに設立し、次世代の決済プラットフォームであるブロックチェーン技術の研究を進めてきました。

楽天は、買収に際して発表したIRにて、「将来的にはEコマースや実店舗での決済、PtoPでの決済手段として、仮想通貨による決済機能の役割が大きくなっていくと見込んでいる」と強調した上で、仮想通貨の決済手段を円滑に提供していくために、仮想通貨交換所機能の提供が必要であり、楽天グループとして仮想通貨交換業への参入を検討してきたとしています。

又、楽天グループの証券会社である楽天証券において、FX顧客を中心に、仮想通貨による運用機会の提供を期待する客の声が大きくなっていることも、今回の仮想通貨交換業への参入検討を後押ししたとしています。

今回買収したみんなのビットコインは、2017年3月30日に仮想通貨交換所のサービスを開始し、2017年9月7日に仮想通貨交換業者の登録申請書を提出し、現在はみなし仮想通貨交換業者として営業していましたが、2018年4月25日には関東財務局より業務改善命令を受け、指摘事項の課題について改善を図っていた所だった。

楽天ではみんなのビットコインが仮想通貨交換業者の登録を目指していく上で、楽天グループの傘下で事業を強化し、事業の安定や拡大の実現とともにユーザーへ価値を提供できると判断。株式譲渡に関する協議に入ったという。

楽天の広範囲なビジネスノウハウと、みんなのビットコインがこれまでに培った仮想通貨のノウハウを合わせて、早期の仮想通貨交換業者としての登録と今後の仮想通貨の発展に期待が高まるばかりだ。