海外取引所!おすすめストラクス!

2017年12月にこう愛されたばかりの新しい仮想通貨です。

時価総額は約4億で、時価総額ランキングでいうと500位後半ですので、かなりマイナーです。

世間ではこのようなマイナーなコインのことを草コインと呼び、草コイン投資何て言われていますね。

しかし、草コインは化けたら100倍200倍になる可能性を持っているので捨てきれないと思います。

ちなみにストラクスは発行上限を設けていて1億5000万枚です。

仮想通貨では発行上限を設けることで通貨自体に希少性を保つことできるので、ビットコインを始めとした一部の通貨では上限枚数を設けています。

技術面ではセグウィット4xという技術で、情報をまとめるブロックのサイズを4倍の大きさにして、一度により多くの取引を処理できるような技術を駆使しています。

実際にビットコインでも取引量をさらに増やすためにセグウィットを導入するかどうかの討論が行われていて、結果的にビットコインキャッシュ分裂しましたが、仮想通貨の代表であるビットコインにも使われるような機能を搭載している技術です。

ストラクスは今話題になっている匿名性i2pや送金の速さと手数料問題でのライトニングネットワークシステム、セグウィットx4の搭載、契約の自動化のスマートコントラクト機能など、旬の技術を多数取り揃えています。

これだけ多くの機能を取り揃えているものは他のアルトコインにはないので、とても期待が持てる次世代型コインの代表ともいえます。

仮想通貨が我々の生活に1度広まってしまえば、広い範囲で使われることが期待されますが、ストラクスは広まりやすいとコインの印象が強いです。

その理由として、チャージバックの費用が掛からないという点です。

クレジットカードなどでは、顧客のクレジットカードが不正に利用された際、ユーザー保護のため、店側はユーザーに不正に利用された分の金額をユーザーに払い戻ししいなければならないので店側からした損失を出してしまうというデメリットがあります。

しかし、ストラクスは一度行われた取引に手が加えられることはないので、店側からすると営業損失を被る心配がなくなるので、ストラクスは今後導入する店が増えやすいという環境を保っています。

ストラクスを取り扱う取引所は現在の所国内にはありません。

海外の取引所だとCrypto BridgeとStocks.Exchangeの2つがあります。

CryptoBridgeは取り扱い銘柄40種類以上で国内大手取引所のbitFlyerの取り扱い銘柄7種類と比べると比較的多い銘柄を取り扱っているとわかりますね。

また、日本語にも対応しているので海外取引所でも心配しないで使うことができると思います。

海外取引所を使う場合は、その取引所が日本円入金を対応してないのであれば(大体の取引所は対応していないです)、国内取引所でビットコインやイーサリアムを購入し、海外取引所のアカウントにそのビットコインやイーサリアムを送り、そのコインを基に取引するという形になります。