今さらだけど、サトシ・ナカモトの正体に迫ってみる

サトシ・ナカモトの正体!?

そもそもビットコインの構想は、2008年【サトシ・ナカモト】名義で発表された論文が始まりであり、それを機に2009年に誕生したビットコイン。

今では世界中で注目される【次世代通貨】として、メディアでも多く取り上げられ、ビットコインによって資産を築く人も誕生しています。

サトシ・ナカモトの論文発表から10年…

今では仮想通貨=ビットコインと言っても過言ではありません。

そんな中、現在でも不明なのが【サトシ・ナカモト】の正体!!

論文発表後に姿を消したサトシ・ナカモト

サトシ・ナカモトは、ビットコインの仕組みを発表し、プログラムコードを公開した後、突如姿を消したとされています。

世の中にサトシ・ナカモトの名前とビットコインの仕組みだけを残して…

サトシ・ナカモトの素性を探る

名前から想像して、日本人のような印象を受けますが、その正体は多くの謎に包まれています。

日本人であるかも、個人であるかも、はたまた団体やグループの総称であるのかも…

謎が多いことからも、多くの情報が飛び交っており

例えば、論文が流暢なイギリス英語である事から、日本人ではない…

又、サトシ・ナカモトとされる人物がコミュニティ内で発信した発言の時間帯から推測して、北米や中央アメリカ、西インド諸島や南米に住む人物だと推測している人たちもいます。

これまでにサトシ・ナカモトとささやかれた人物たち

ここではこれまでにサトシ・ナカモトではないかと噂された人物たちを紹介します。

ジェド・マケーレブ氏

仮想通貨初の大事件となった仮想通貨取引所「マウントゴックス」の設立者です。

マウントゴックスの破城事件は、仮想通貨やビットコインという存在を“良くも悪くも”有名にした事件でもありました。

後にリップルなどの創設に関わった人物でもあり、仮想通貨やブロックチェーンには関わりの深い人物であることからの推測です。

クレイグ・ライト氏

このライト氏は唯一、自身で私がナカモトサトシです」と公言した人物です。

実際、ビットコイン開発の初期段階の暗号鍵を使用した実演時に、ビットコイン財団側からもナカモトサトシに間違いないと発言しました。

しかし、長い間ナカモトサトシである事を明かさなかった事から疑問の声が上がり始めました。

こうした疑問の声を受けて、ライト氏は今後一切の説明を行わない事を発表しています。

望月新一氏

望月新一氏は、超難問と言われた「ABC予想」を証明する論文を初めて発表した人物として有名です。

発表後、この論文が世界的に注目を浴びる事になったのですが、ナカモトサトシではないかという疑惑を向けられたのには理由があります。

それは、アメリカ育ちの経歴があり、「ABC予想」の論文をネット上で公開するという手法がナカモトサトシと同じであったからです。

しかし、望月氏はこの疑惑を全面的に否定しています。

他にも人工知能【AI】ではないかともささやかれています。

論文の内容とは

サトシ・ナカモトが実際に発表した論文は

わずか9ページの大変簡素なものであったそうです。

ただそのたった9ページの内容が今では世界を動かしているのだから、驚かされます。

主な論文の内容

・金融機関を必要としない事
・二重使用の解決策
・不正や改ざんの出来ないPoW技術
・ネットワーク参加に対するインセンティブ
・51%問題について

ビットコインをはじめ、その他アルトコインの根本にあるブロックチェーン技術の基礎となる内容です。

又、論文はインターネット上で公開されており、今でも読むことが可能です。

まとめ

たった9ページの論文がきっかけとなり、現在でも沢山のアルトコインが生み出されています。

現在でも、謎に包まれているサトシ・ナカモトですが、論文が元で生み出されたブロックチェーン技術は【仮想通貨】にとどまらず、今後の様々な場所で幅広く活用される事になるでしょう。

そして、ある研究者によるとサトシ・ナカモトは現在も100万ビットコインを保有し続けていると言われています。

もしもそのコインが市場で売却されたとすれば、仮想通貨市場に与える影響は計り知れません。

今後も目が離せない状況が続くことになりそうです。