仮想通貨取引所【フィスコ】とは?!

Zaifと提携&「フィスココイン」価格上昇も注目される「FISCO」の特徴を解説

2018年9月に発生した国内取引所Zaif(ザイフ)ハッキング事件の後、ザイフを救済して話題になった仮想通貨取引所「FISCO(フィスコ)」。

ザイフハッキング事件の際にとてもスピーディーな対応を見せたことと、潤沢な資金を持っていること、そして長年に渡り国内の金融業界に携わってきた知見·経験から今後の展開が期待されている国内の取引所です。

さらに、ザイフ提携発表後から、自社発行の「フィスココイン」の価格が上昇していることでも注目されています。

フィスコの特徴について解説します。

フィスコとは?

フィスコ仮想通貨取引所とは、JASDAQ上場企業である株式会社フィスコの子会社である、株式会社フィスコ仮想通貨取引所が運営している、取引所になります。

フィスコ仮想通貨取引所はハッキング被害に遭ったZaifと事業譲渡契約を締結し、取引所Zaifを承継することが発表されました。

自社発行トークン「フィスココイン」に注目

フィスコは、ビットコインのカウンターパーティー製トークン「FSCC」(フィスココイン)を自社発行しています。

このフィスココインが、ザイフとの提携発表後から価格を上昇し続けていて注目を集めています。

フィスコ取引所とザイフでのみ取引されているこの仮想通貨(トークン)ですが、フィスコがザイフとの提携を完了し、ザイフが行っていたサービスをフィスコでも開始したり、さらにザイフの既存ユーザーを取り込みフィスコのユーザー増加などが伴えば、さらなる価格上昇を迎えるのではないかと期待が高まっています。

フィスコ仮想通貨取引所のメリット

ビットコイン現物取引の手数料が無料

フィスコ仮想通貨取引所は、ビットコインの現物取引の手数料が0%となっています。ちなみに、アルトコインの現物取引の手数料も、maker手数料の場合、無料になっています。

ただし、提携先のZaif(ザイフ)は、ビットコイン現物取引の手数料がマイナス(取引をする度にビットコインをもらうことができる)ため、まだZaifの登録が済んでいない人は、そちらも登録しておくことをおすすめします。

Zaifの登録で分からないことがあったら【Zaif(ザイフ)の口座開設、登録、本人確認方法】を参考にしてください。

独自トークンを購入することができる

フィスコ仮想通貨取引所では、FSCC(フィスココイン)CICC(カイカコイン)NCXC(ネクスコイン)の3種類の独自トークンを購入することができます。

これらの独自トークンは、株式会社フィスコと、フィスコの子会社である、株式会社カイカと株式会社ネクスグループが発行したものになります。

セキュリティ

フィスコ仮想通貨取引所は、セキュリティにも力を入れており、インターネット上に繋がっていない「コールドウォレット」や、秘密鍵を分割して管理する「マルチシグ」を採用しています。

顧客のビットコインが大量に紛失した、マウント・ゴックスの事件以来、安全性やセキュリティは、取引所により一層求められるものになっていますが、フィスコ仮想通貨取引所はきちんと対応しており、安心して利用できる取引所であると考えられます。

フィスコ仮想通貨取引所のデメリット

利用者が少なく板が薄い

フィスコ仮想通貨取引所は、まだ知名度がそれほど高くないため、取引量が少ないというデメリットがあります。取引量が少ないと、板が薄くなってしまい、その結果、売値と買値の差であるスプレッドが広がり、自分が希望する値段で売買がしづらくなってしまいます。

手数料が安い、独自トークンの購入ができるなどのメリットもあるため、今後利用者が増えてくると予想されますので、少しずつこのデメリットが解消されていくことが期待されます。

レバレッジ取引ができない

フィスコ仮想通貨取引所は、レバレッジ取引に対応しておらず、現物取引のみしか行うことができません。

そのため、レバレッジ取引を行いたい人は、仮想通貨・ビットコインFXの取引所を比較!を参考にして、おすすめの取引所を利用していただければと思います。