ヨーロッパ半端ないって‼( ノД`) マジ半端ないって‼( ノД`) 仮想通貨の税金がかからないって‼そんなんできへんやん普通‼

ヨーロッパ仮想通貨情報:規制が緩和され取引所も人気!税金が無料の国も!

ヨーロッパでは、仮想通貨の規制が緩和されています。ヨーロッパの小国マルタは仮想通貨に非常に寛容で、マルタは仮想通貨大国になることを目指しています。また、ドイツでは仮想通貨の税金が無料となっています。ドイツでは取引所も税金は免除、マイニング手数料も無課税です。

目次

  1. 1ヨーロッパで仮想通貨を受け入れる国が続出!
  2. 2マルタ(ヨーロッパの小国)は仮想通貨を規制するどころか援助まで!
  3. 3ヨーロッパ初の仮想通貨応援国のマルタの向かう先は?
  4. 4ヨーロッパの大国ドイツは仮想通貨の税金が無料!?
  5. 5フランスもヨーロッパの中では仮想通貨に優しい国に?規制を緩和
  6. 6イギリスもヨーロッパ各国同様仮想通貨には最低限の規制
  7. 7ロシアは仮想通貨に肯定的で、国の仮想通貨を作成予定
  8. 8仮想通貨先進国のスイスの最近の仮想通貨事情は?

ヨーロッパで仮想通貨を受け入れる国が続出!

ヨーロッパで仮想通貨のビットコインが正当な通貨と認められる

今週初め、オランダの裁判所は、Koinz Trading BVに52800円(0.591)相当のマイニングから得た収益を支払うよう命じました。その際、裁判所は仮想通貨ビットコイン(BTC)を譲渡可能な価値と呼びました。

裁判所は、ピアツーピア方式で仮想通貨の価値を譲渡することができるならば、財産権がビットコイン(BTC)に適用されると明言しました。続けて裁判所は、仮想通貨は正当な譲渡可能な価値を有するものと言いました。

仮想通貨への規制はない?ビットコインは正当な通貨とオランダの裁判所の通達

Cointelegraphが翻訳した裁判所の文書には以下のように記載されています。

「裁判所は、仮想通貨ビットコイン(BTC)は、デジタルで暗号化された一連の数字と文字列から成り、権利所有者のコンピューターのハードドライブに保存されて存在していると考えています」

「ビットコイン(BTC)は、1つのウォレットから別のウォレットにビットコイン(BTC)を送ることによって「届けられ」ます。ビットコイン(BTC)はスタンドアロン(他の機器に依存せず単独で動作する)の価値のファイルで、決済の際に支払人によって直接受取人に届けられます」

「つまり、ビットコイン(BTC)は価値を持っており、譲渡することができます。したがって裁判所の見解では、ビットコイン(BTC)は財産権の特性を有しています。そのため、ビットコイン(BTC)での支払い請求は、検証されるべきです」

ヨーロッパの仮想通貨への規制が緩くなったのはG20後?

ヨーロッパでは(少なくともEU内では)ビットコイン(BTC)は財産、そして譲渡可能な価値とみなされています。経済先進国20カ国が参加したG20会議では、世界的な金融監督機関である金融安定理事会(FSB)は、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨は財産と見なされ、国際金融業界の安定を脅かすものではないと言いました。

FSBは次のように述べました。

「FSBは、仮想通貨が現時点で国際金融の安定性にリスクをもたらすことはないと考えています。しかし、仮想通貨市場は急速に発展し続けており、仮想通貨がもっと普及したり、既存の金融システムの中心に深く関わったりするようになれば、この見解は変わるかもしれません」

結論としては、国際仮想通貨市場と関連する企業が、厳格に規制されたものである限り、ビットコイン(BTC)のような仮想通貨は常に正当な財産とみなされるでしょう。

G20で仮想通貨の規制はしないと発表されビットコイン価格が急上昇 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ヨーロッパでも広く規制緩和がされている仮想通貨は今後も世界のイノベーションの中心技術であるでしょう。

現在は、仮想通貨市場全体が弱気市場ですが、今後さらに使い道が増えていくことで、仮想通貨全体が大きく成長していくでしょう。

特に人気の仮想通貨ではその成長が楽しみです!
リップルやイーサリアムなど世界でも人気で将来有望な仮想通貨に投資をするならbitbank(ビットバンク)がおすすめです!

bitbank(ビットバンク)は仮想通貨の取引手数料が無料でお得に取引をすることができるからです!
登録は数分で終わるのでまだ登録をしていない人はこの機会にお得に仮想通貨投資を始めましょう!

bitbank(ビットバンク)の登録に関して不明点などがあれば【bitbankの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

マルタ(ヨーロッパの小国)は仮想通貨を規制するどころか援助まで!

世界最大の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)の移転先となるヨーロッパの小国マルタ

ヨーロッパの南にある、地中海に浮かぶ島のマルタ島は、2018年になって大きく注目を集めています!

その理由は、マルタが仮想通貨の聖地となっているからです。

今年2月の初めに中国が国内の仮想通貨関連企業をすべて締め出すという規制を発表をしたことにより、中国や香港で事業をしていた仮想通貨取引所やマイニング会社は中国外に出ていくことになりました。

その余波を受けた企業の一つに仮想通貨取引所世界No.1のBinance(バイナンス)もいました。

そのBinance(バイナンス)が中国外に出て事業をする地域を3月の中旬にこのマルタに決めたことによって、大きくマルタはその注目を集めました。

Binance(バイナンス)がマルタに移転先を決めた理由としては、マルタが仮想通貨やブロックチェーン関連企業に対して寛大で、今後ヨーロッパのブロックチェーンエコシステムの中心地になると感じたからとのこと。

さらにマルタはブロックチェーン関連企業であれば、資金を提供することも表明をしており、今後ヨーロッパに限らず世界の仮想通貨関連の事業の世界の中心地になる可能性があります。

世界でも最も進んだ国で運営されることになるBinance(バイナンス)はさらに安全な取引所になるでしょう!

仮想通貨トロン(Tron/TRX)の創業者もマルタを応援!

月曜日、世界的な無料コンテンツエンターテイメントシステムを開発することを目指しているブロックチェーン企業トロン(Tron/TRX)のCEOであるJustin Sunは、マルタへ投資し、マルタで事業を展開することに興味を示しました。

Sunは、仮想通貨取引所Binance(バイナンス)が本社と事業をヨーロッパにある島マルタに移転させるとの意向を発表したとき、マルタのJoseph Muscat首相が異常なまでに歓迎したことを受けて以下のようにTwitterに投稿しました。

Justin Sun

@justinsuntron

#TRO strongly supports the great foresight of PM @JosephMuscat_JM and hopes to build up Blockchain Island with Malta gov. We are seriously considering invest and operate in Malta in the following weeks with announcement by our strategic partner @binance @cz_binance TRX TRX

Twitter広告の情報とプライバシー
2,479人がこの話題について話しています
Twitter広告の情報とプライバシー

 @justinsuntron
トロン(Tron/TRX)は、Joseph Muscat首相の素晴らしい先見を強く支持し、マルタ政府とともにブロックチェーン島を建設したいと考えています。トロン(Tron/TRX)は、戦略的パートナーである仮想通貨取引所Binance(バイナンス)が移転を発表したことを受けて、近々マルタに投資し、マルタで事業を展開することを真剣に検討しています

ヨーロッパ連合の一員であるマルタは仮想通貨関連企業人気の国に

欧州連合(EU)の小さな島国マルタは、世界中のブロックチェーン企業を国内に惹きつけることでブロックチェーンの拠点になろうとしています。

最近では、世界最大の仮想通貨取引所の1つであるBinance(バイナンス)がマルタへの移転を決めたことで、マルタの野望はさらに大きくなっています。

Joseph Muscat

@JosephMuscat_JM

Welcome to #Malta ???????? @binance. We aim to be the global trailblazers in the regulation of blockchain-based businesses and the jurisdiction of quality and choice for world class fintech companies -JM @SilvioSchembri https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-03-23/the-world-s-biggest-cryptocurrency-exchange-is-moving-to-malta 

18:31 – 2018年3月23日
Twitter広告の情報とプライバシー

World’s Biggest Cryptocurrency Exchange Is Heading to Malta

Binance, the world’s largest cryptocurrency exchange by traded value, is seeking a fresh start in the Mediterranean.

bloomberg.com

1,978人がこの話題について話しています
Twitter広告の情報とプライバシー

@JosephMuscat_JM
仮想通貨取引所Binance(バイナンス)の皆さん、マルタへようこそ。私たちは、他国に先立って、ブロックチェーン事業の規制を行い、世界クラスのフィンテック企業にとって最良の地となることを目指しています。

仮想通貨モナコ(Monaco/MCO)もマルタを応援!

ブロックチェーン企業を歓迎したことで、マルタは既に他の大手企業の注目を集めました。

トロン(Tron/TRX)のCEOのSunがツイートする1時間前、Binance(バイナンス)が移転を発表したわずか数日後、仮想通貨ウォレットプラットフォームであるモナコ(Monaco/MCO)カード CEOのKris Marszalekは、マルタへの投資について同様の関心を示しました。

@Kris_HK
モナコ(Monaco/MCO)カードは、Joseph Muscatの大胆な目標とブロックチェーン島になるというマルタの目標を支持しています。先週、戦略的パートナーであるBinance(バイナンス)の発表を受けて、マルタへの投資を検討しています

また、マルタには、世界各地からいくつかのブロックチェーン企業が移転してきています。Binance(バイナンス)の発表に先立ち、マン島に本社を置くCasinoCoin財団は、マルタで第2事務所を開設したことを明らかにしました。

ヨーロッパ初の仮想通貨応援国のマルタの向かう先は?

世界中の規制当局がブロックチェーン企業をよく理解していないため、これらの企業に対する規制はこれまで曖昧なものでした。日本のように進歩主義の国でも、これらの企業は特別なタイプの電子商取引会社として運営しています。

マルタ政府は、この特定の問題に取り組み、ブロックチェーン企業に対する規制の枠組みを策定しようとしています。

マルタ南部の政治イベントで、Muscatは、「最初のステップを踏み出し」、この新しいブロックチェーン部門を規制するという政府の意図を明らかにしました。

彼はこの新しい動きは「地図にはない未知の領域に進出し、自分で歩いて、学び、最前線を行かなければならない」時と似ていると言いました。

「最も嬉しいのは、Binance(バイナンス)が最初ではないということです。Binance(バイナンス)が話題になったのは、Binance(バイナンス)が最大の仮想通貨取引所だからです」とMuscatは言いました。

また、彼は次のように付け加えました。

「Binance(バイナンス)がマルタに移転するのは、やりたい放題できるからではありません。むしろ、マルタが仮想通貨取引所を規制する準備ができているからです。仮想通貨取引所を規制することによって、消費者はこのシステムを規制する人々がいるんだと安心することができるのです」

Tee Maltese首相は、マルタという小さい国でブロッチェーン企業が成長することによって多くの雇用を創出することができると非常に楽観的に考えています。

The Times of Maltの引用によると、マルタの金融サービスの議会秘書官Silvio Schembriは次のように述べています。

「数週間前、ヨーロッパで初めて、もしかしたら世界で初めて、マルタは分散型台帳技術の規制枠組みを策定しました。この枠組みは非常に好評を得ており、国民の意見は肯定的なものでした。現在は、マルタデジタル革命局を設立し、仮想通貨業界に正式な規制を導入する法案を議会手続きに進めたいと思っています」

Binanceの創設者兼CEOのZhao Changpengは、マルタは「仮想通貨とフィンテックについては非常に進歩的」であると評価しました。

ヨーロッパの租税回避地として悪評のある他の小規模独立国家は、現在、ブロックチェーン企業を引き入れようと働きかけています。今年初め、ジブラルタルは自治区として初めてブロックチェーン企業と賛否両論の資金調達手段ICOの規制を作りました。

しかし、ヨーロッパ本土の諸国は依然として仮想通貨に完全に肯定的なところはありません。今月初め、国際通貨基金(IMF)のChristine Lagardeは、仮想通貨の基盤となる技術を使っているビットコイン(BTC)を取り締まるように呼びかけました。

 

ヨーロッパの大国ドイツは仮想通貨の税金が無料!?

ドイツの裁判所の仮想通貨の税金に対する判定

Cointelegraph auf Deutschの3月1日木曜日の報道によると、ドイツ連邦財務省は、ビットコイン(BTC)は決済方法として使用されている限り、税金はかからないと考えています。

ドイツ連邦当局は、欧州連合(EU)の2015年の決定を引用し、2月27日にビットコイン(BTC)などの仮想通貨を税金はかからないとの決定を発表しました。この決定は、全ての欧州連合(EU)加盟国の先駆けとなりました。

裁判所は、仮想通貨を正当な決済方法とみなし、仮想通貨に税金をかけないというドイツの決定は正しいものであるとしました。

「いわゆる仮想通貨(ビットコイン(BTC)などの仮想通貨)は、取引に関係する当事者がこれらのいわゆる仮想通貨を決済方法として受け入れており、決済方法として使用する以外の目的がない限り、正当な決済方法に相当するものと考えられます」

決定によれば、仮想通貨から法定通貨への両替、またはその逆の両替は、「他の税金のかかるサービス」に分類されます。したがって、この取引の仲介者となる当事者に税金はかかりません。

この規制のもとでは、仮想通貨取引所経営者も、「仲介業者として、自分のためにビットコイン(BTC)を購入・販売を行った場合」税金を払う必要はありません。

また、裁判所の判決によると、マイニング手数料は自主的に支払われるものであるため税金はかかりません。

これらの規制を導入したドイツと違い、米国は内国歳入庁(IRS)がビットコイン(BTC)のような仮想通貨を資産としてみなしています。つまり、ビットコイン(BTC)を使用した購入は財産の売却とみなされ、キャピタルゲイン税という税金が課されます。

フランスもヨーロッパの中では仮想通貨に優しい国に?規制を緩和

フランスは3月25日に仮想通貨に対する規制の方針について発表をしました。

フランスの財務大臣であるBruno Le Maire氏は
「フランスは仮想通貨の分野を含む、フィンテック業界において、今後も世界の最先端を行くようにする」という旨のコメントをしました。

フランスの財務大臣の意見は、2月前半は「仮想通貨は世界の犯罪に関わる重大な問題であり、規制を世界全体で協調して行うべき」という立場をとっていました。

Thumbドイツとフランスが世界的な仮想通貨の規制を呼び掛ける | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

しかし、その動きとは180度意見を変えて、フランスは仮想通貨に対して寛大な施策をしていく可能性があります。

仮想通貨企業に人気のマルタのように、今後世界を変える技術であるブロックチェーンに関わる企業の誘致合戦が世界で始まっています。

Thumbフランスは仮想通貨への規制はするが、将来性を認める! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

イギリスもヨーロッパ各国同様仮想通貨には最低限の規制

フランスの隣のイギリスでも仮想通貨に対する対応がはっきりししました。

G20後の3月23日イギリスの大蔵省から「仮想通貨特別委員会」を発足させ、仮想通貨やフィンテック業界に対する新たな対応策を行っていくと発表がありました。

同委員会では、仮想通貨を利用した犯罪、詐欺などを監視し、仮想通貨業界の健全な成長を目指します。

Thumbイギリスが仮想通貨情報|イングランド銀行や仮想通貨取引所の動向について | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ロシアは仮想通貨に肯定的で、国の仮想通貨を作成予定

ロシアでは仮想通貨に対して肯定的で、6月末までに仮想通貨の完全な法の枠組みを作ると発表をしています。

元々かなり厳しい態度で臨むと思われていましたが、仮想通貨の基盤技術であるブロックチェーンの将来性を肯定し、規制を取り入れて健全な仮想通貨の成長を促進する予定です。

さらに、ロシアでは”クリプトルーブル”という国の仮想通貨を作成する予定もあります!

今後ロシアの仮想通貨への動きも要注目です!

Thumbロシアで仮想通貨の法律が制定間近:制定は7/1までに確定か | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨先進国のスイスの最近の仮想通貨事情は?

ヨーロッパだけでなく、世界でも最も仮想通貨に対して寛大な対応をしてきた、金融先進国のスイスは仮想通貨のビジネスを誘致する政策を早くから取り入れていました。

最近では、仮想通貨のICOで多くの詐欺が生まれたり、仮想通貨自体が税金逃れや犯罪に利用されているという問題からスイスの仮想通貨促進策にも周りの国からの厳しい目線が送られています。

Thumbスイスで仮想通貨ICOに対する不安の声が|クリプトバレーと呼ばれる仮想通貨大国で何が? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Tron, Monaco Card Voice Interest in Malta after PM Welcomes Crypto-Sector

Financemagnates、Arnab Shome、26 Mar 2018

Bitcoin is Gaining Legitimacy in Europe as Dutch Court Deems it Transferable Value

CCN、Joseph Young、26 Mar 2018

Germany Won’t Tax Cryptocurrencies Used To Make Purchases

Cointelegraph、Veronika Rinecker、1 Mar 2018