仮想通貨、チリーズとは何か!?

チリーズとは何か!?

チリーズは、主にスポーツに使われる仮想通貨です。また現実のスポーツだけではなく、eスポーツにも使えるそうです。

又、スポーツファンは世界中に3億8千万人、ゲームをする人口は22億人いると試算されており相当な数となります。

しかも、ターゲット層が厚いのも好印象。
チリーズとは、スポーツとエンタテインメントを融合させたような組織を作ろうとしているのかもしれません。

日本ではまだ認知度が低いeスポーツ。

世界では、賞金が出るゲームの大会が沢山開催されており、プロのゲーマーも職業として認知されています。YouTuberが稼げる職業として認知されてきた日本。ゲームの開発大国でもありますし、eスポーツの認知度もこれからさらに上がる事は間違いないでしょう。

プラットフォームは、イーサリアムのブロック上で動いているそうで、イーサリアムのERC20となります。

チリーズを所持していると、チリーズに参加しているe-スポーツのチームの意思決定に参加出来るようで、自分の好きなチームに対しての様々な要望を投票で決定出来ます。

これまでは観客は、目の前で繰り広げられるスポーツや試合を、観客として応援することしかできませんでしたが、ファンの声は大事です。ですが、選手構成や開催されるリーグなど、大きな意思決定は、全て運営元がして、純粋に見て楽しむことしかできませんでした。称賛愚痴は居酒屋ネタにはなれど、チームを大きく揺るがすことは出来ませんでした。

ただ、チリーズはそこが違う…!?

パートナーシップが魅力

チリーズは、スポーツとエンタテインメントを融合して、ファンがもっと楽しめる仕組みを作ろうとしていると感じ取れます。あの有名なユヴェントスと提携しています。

他にもフランスのプロサッカークラブ、パリ・サンジェルマン(PSG)とも組んでいるとの事。ネイマールが在籍している事でも有名です。PSGが仮想通貨発行するというニュースも話題に上がってました。まだまだ仮想通貨に対して不安を感じる方もたくさんいらっしゃるので、そういった部分では、国際的に知名度あるところと手を組んでいるという事は安心材料の一つとなります。

チリーズがサポートしているSocion.comとの提携が行われており、ファンはSocion.com内の投票プラットフォームを通じて
好きなチームの為に参加する事が可能だそうです。又、参加した際に利用が可能な通貨がチリーズとなります。尚、プラットフォーム内ではトークンを購入することもできます。

Socios.comプラットフォームとのパートナーシップにより、パリ・サンジェルマン(PSG)はファントークン・オファーリング(FTO)をやるそうです。ファンはPSGトークンによって、PSGに関する投票権をゲットします。保有量に応じてVIPになれたりとか、ファントークンで報酬を獲得できるようになるとのこと。これはファンにとっては非常に魅力的な要素です。

好きなチームのために、このトークンの価値が上がって行くとしたら、期待ができるものになる可能性は十分にあると言えるでしょう。
チリーズはマルタを拠点としています。ちなみにマルタは南ヨーロッパの共和制国家です。

CEOのAlexandre Dreyfus氏は、フランス出身の起業家で、いくつも事業をバイアウトしています。

関係者も有名人ばかり

Googleの取締役のMickey Kim氏や世界最大のオンラインゲーム会社でCOOをしていたGil Rotem 氏も参加されているそう。

又、Epic GamesのアクションビルディングゲームFortniteに、チリーズが出資しているそうです。

様々な、期待材料があるプロジェクト、チリーズですが、これをあくまでも仮想通貨としてだけ見るのであれば、BINANCE(バイナンス)が投資をしているという事実が一番なような気がします。BINANCEは、世界最強といっても過言ではない仮想通貨取引所。マーケティング戦略もとても優れている。そんなBINANCEが投資している訳ですし、eスポーツという伸びしろがある市場を選んでいる点も注目されている要素です。

今後も見逃せません。