自動車業界もブロックチェーン分野への投資を検討

IBMの調査報告

IBMの経営戦略部門であるIBM Institute for Business Value(以下、IBM)は、Oxford Economicsと共に、自動車業界の上級管理職を務める1314人へのアンケートを実施し、自動車業界がブロックチェーン技術に対してどのような考えを持っているのか調査した。

調査報告書は、Daring to be firstと称され、12月12日に公開されている。

調査対象となった業界の上級管理職の人々は、38%が納品先のブランド名を使用して製造を行うOEMs(Original Equipment Manufacture)で、62%が自動車部品などを製造するサプライヤーといった内訳となっており、中国、日本、アメリカ、イギリスなどの10カ国。

そして、上級管理職の部門も自動車業界の中でもIT、マーケティング、金融など多岐に渡っている。

注目すべき点は、自動車業界の上級管理職の内、約62%の人たちが2021年までに同業界でブロックチェーン技術が大きな影響力を及ぼすと回答したことだろう。

又、IBMは調査対象者をAuto Pioneers(15%)、Other OEMs(26%)、Other Suppliers(59%)の3つのグループに分けた。

その中でも特筆すべきは、ブロックチェーン技術に対する戦略を持っており、同技術の実験、試用、採用のいずれかの段階に属するAuto Pioneers(自動車業界のパイオニア)と呼ばれるグループだ。

Auto Pioneersに属する95%の上級管理職の人々は、今後3年間においてブロックチェーン分野への投資を積極的に行いたいと回答している。

そして、Other OEMs(その他のOEMs)が56%、Other Suppliers(その他のサプライヤー)が26%と続いている。

サプライヤーの10%、OEMsのわずか32%ほどがブロックチェーン技術受け入れの準備が整っており、まだほとんどの企業において、未だ新しい技術を取り入れる環境が整っていないことが示唆された。

その理由として、スキルの欠如、規制の不透明性が原因に挙げられている。

この発表において、IBMのリサーチ部門に属するBen Stanley氏は、ブロックチェーン技術の可能性を以下のように話している。

自動車業界において、ブロックチェーン技術は未だ黎明期である。ただ、その可能性は計り知れない。そして、2019年には、安全なデータ共有、自動車、運転シェア取引、自動車内でのショッピング市場などの分野で、ブロックチェーン技術が実際に適用されていくことに期待している。

Mobility Open Blockchain Initiative(MOBI)という組織も、自動車をより速く、手頃にし、さらに広い普及を目指すため、ブロックチェーン技術の実用化を模索している。

同機関の創業者でCEOのChris Ballinger氏も、自動車業界はさらなる効率化が求められており、ブロックチェーン技術がビジネス、消費者、自動車などの間で信頼を屈強にすることができると話している。

自動車とブロックチェーン

既に、自動車業界ではブロックチェーン技術が試用化されている例もある。

リトアニアのスタートアップcarVerticalは、自動車の自己診断機能とGPS、そして、仮想通貨IOTAを組み合わせたプラットフォームcarVerticalCITYを開発し、駐車料金の支払いや電気自動車などでの自動化を目指して取り組みを始めている。

又、ラグジュアリー自動車で有名なポルシェもベルリンのブロックチェーン関連スタートアップXainと提携を結び、ブロックチェーン技術と自動車を結びつける取り組みを実施している。

車両本体自体がブロックチェーンの一部となり、オフラインでの接続や、キーの開閉が行える他、将来的な自動運転も視野に入れていることが示唆された。

さらには、中国大手電気自動車メーカーのBYDもVeChain技術を使用し、走行データやCO2排出量データをトラッキングすることで、カーボンクレジットの取引を可能にしようと試みているという。

そのデータは、将来的に、保険、補助金、メンテナンスなど、ユーザーにとって利便性の高い様々な用途に使われる可能性もあり注目が集まっている。

金融業界やサプライチェーン業界で特に注目されていたブロックチェーン技術だが、IBMの調査によって、自動車業界でもその注目度が確実に高まってきていることが明らかになった。

そして自動車業界だけに止まらず、今後は多くの業界でブロックチェーンが注目されていくことになるに違いない。