【まさに一石二鳥】リアルな出会いも仮想通貨もGETだぜ!!

フェイスブックと米ヤフーにおける10億人単位のデータ漏洩、ツイッターにおける偽アカウントの横行、反社会的な映像であふれるYouTube。インスタグラムは現実離れした自慢大会となり、『SNS離れ』が深刻化してきている。

そこで生まれたのが『Kuende(クエンデ)』という「実生活応援型」SNSアプリ!!

Kuende(クエンデ)とは?
イベントやミートアップ等実際の生活での出会いやアクティビティを通して、ゲーム感覚で仮想通貨ポイントをやり取りできる、いわば「フェイスブック」+「LINE」+「ポケモンGo」のブロックチェーン版で、今までになかったSNS

Kuendeが面白いのは、なんと既にユーザーが9万人もいるというから驚きだ。

2015年に約3億円を調達して以来、グーグルの元開発者を複数名迎え入れiPhoneとアンドロイドの両方でアプリを展開した上、アメリカで有名なビットコイン財団のチャーリー・シュレム氏 (Charlie Shrem) が顧問に就任している。

資金的・技術的なところでKuendeを支援するのがDokia Capital(ドキア・キャピタル)という仮想通貨ファンドだ。

目の付け所が「イーサリアム」、「COSMOS(コスモス)」、「ポルカドット(Polkadot)」、「パリティ(Parity)」、「オミセゴー(OmiseGo)」等とクロスチェーンやスケーリングまわりのプロジェクトが多い。

KuendeもTindermintを採用するCOSMOS上のプロジェクトなのでお眼鏡にかかったのかもしれない。ちなみにドキア・キャピタルはCOSMOS上のバリデーター(ビットコインやイーサリアムでいうノードと同等)でもあり、Kuendeに対してテンダーミントに関する技術アドバイスを提供しているという。

お金のかかる付き合い→仮想通貨もらえた方がいい

Kuendeが今後重要視するのはアジア市場だ。

代表によると「現在一切マーケティングをしていない状態で、ユーザーの20%がアジア地区から来ている」(Pavel Antohe氏)。

特に日本はアジアでも最重要の地区として今後しっかり取り組りくんでいくという。Kuendeアプリも来年の初頭までには日本語バージョンをリリースする予定だ。

確かに、日本では「付き合い」にかかるコストは馬鹿にならない。
飲み会や合コン・街コンに参加するたびに数万円飛んでいくようでは、社交的な人こそ負担だろう。

逆にKuendeアプリでイベント等に参加することで仮想通貨を受け取ることができれば、出会いや社交の幅も広がるというものだ。
さらに、現実社会でのゲームを企画して仮想通貨をかませれば、「ポケモンGo」のリアル店舗版などもできてしまうかもしれない。

SNSの未来は仮想通貨+オフラインの世界にあるかもしれない。

っしゃぁー!!
出会いも仮想通貨もKuendeでGETだぜっ!!!