プロ野球で一番お金もらってるのは誰?いくらなの?

【プロ野球】歴代年俸・契約総額ランキング一覧まとめ!

日本人とメジャーの過去最高額はいくらで誰?

 2017/12/04

hand-853188_640
プロ野球ではペナントレース、日本シリーズが終了すると、各球団の選手たちの成績によって年俸が決まる契約更改が始まります。今年度の活躍によって選手自身の年俸が増減するので、選手にとっては大切な交渉の場でもあります。

今回はその年俸について歴代年俸・契約総額のランキングを一覧にしてまとめてみました。過去最高額は一体誰でいくらなのか。日本プロ野球はもちろん、メジャーリーグについてもご紹介するので合わせて確認してきましょう。

 

目次 [非表示]

  • 1 歴代年俸ランキング一覧まとめ【日本人編】
  • 2 歴代契約総額ランキング一覧まとめ【メジャー編】
  • 3 過去最高額の日本人選手は【大魔神】こと佐々木主浩選手の6億5000万円!
  • 4 過去最高額の大型契約をしたメジャーの選手はマーリンズのJ・スタントン選手の13年3億2500万ドル(399億4000万円)!
  • 5 まとめ

歴代年俸ランキング一覧まとめ【日本人編】

それでは、始めに日本人選手の歴代年俸ランキングからみてみましょう。一体どんな選手がランクインしているのでしょうか?

順位選手名所属チーム年度年俸額
1佐々木主浩横浜2004~2005年6億5000万円
2松井秀喜巨人2002年6億1000万円
3阿部慎之助巨人2014~2015年6億円
4金本知憲阪神2007~2010年5億5000万円
5イチローオリックス2000年5億3000万円
6中村紀洋近鉄2002~2004年5億円
7城島健司ソフトバンク2005年5億円
8松中信彦ソフトバンク2006年~2008年5億円
9ダルビッシュ有日本ハム2011年5億円
10中村剛也西武2014年~2017年3億5000万円+

ランキングの選手たちを見ると、野球ファンなら誰でも知っているような有名な選手がランクインしています。年間でこれだけのお金を稼いでいるのは正直とても羨ましく思ってしまいますよね…。

佐々木主浩選手や金本知憲選手のように、晩年の年でたくさんの年俸を稼いだ選手も存在すれば、イチロー選手やダルビッシュ有選手のように若い年齢で高年俸を手にする選手も存在したりと年齢層は様々です。

特にその中でもダルビッシュ有選手は、25歳の時に既に5億円もの大金を稼ぐ選手となっています。若い年齢にしてこれだけのお金を一体どう使うんだろうと、気になってしまいますよね(笑)

 

歴代契約総額ランキング一覧まとめ【メジャー編】

それでは、続いてメジャーの方に目を向けてみましょう。メジャー編では契約年数、年俸総額で確認していきます。

順位選手所属チーム契約初年度契約年数・総額(日本円)
1J・スタントンマーリンズ2015年13年3億2500万ドル(399億4000万円)
2M・カブレラタイガース2014年10年2億9200万ドル(358億8000万円)
3A・ロドリゲスヤンキース2008年10年2億7500万ドル(337億9000万円)
4A・ロドリゲスレンジャース2001年10年2億5200万ドル(309億7000万円)
5A・プホルスエンゼルス2012年10年2億4000万ドル(294億9000万円)
6R・カノマリナーズ2014年10年2億4000万ドル(294億9000万円)
7J・ボットレッズ2012年10年2億2500万ドル(276億5000万円)
8D・プライスレッドソックス2016年7年2億1700万ドル(266億7000万円)
9C・カーショードジャース2014年7年2億1500万ドル(264億2000万円)
10P・フィルダータイガース2012年9年2億1400万ドル(263億円)

ざっと目を通しただけで、日本の年俸と比べるとまさに【破格】という言葉が似合う金額が並んでいますね…(笑)

ランキングの中でも3位、4位にランクインしているA・ロドリゲス選手は、2球団を渡り歩き、その両方で大型契約を結んでいます。両方を合算すると日本円で600億円を超える金額の契約になっており、単年で計算したとしても約30億円近くを1年間で稼いでいることになります。日本のランキング入りしている選手たちの約5、6倍の金額を1年で稼いでいることになりますね…。

活躍できれば、一生遊んで暮らせるような大金を手に入れることができるメジャーリーグ、最近の日本の選手たちがメジャーリーグに挑戦する傾向が多いのも理解できますよね。プロのスポーツをする以上、苦労も多いかもしれませんがここまでの大金…やはり羨ましいですね(笑)

それでは、次からはそのランキングの1位にランクインしている選手たちについてまとめていますので、確認してみましょう。

 

過去最高額の日本人選手は【大魔神】こと佐々木主浩選手の6億5000万円!

プロフィール
名前佐々木主浩
生年月日1968年2月22日
出身地宮城県仙台市
身長・体重190cm/98kg
投球・打席右投げ右打ち
経歴東北高校-東北福祉大学

過去最高額の日本人選手は、【ハマの大魔神】こと佐々木主浩選手が契約した6億5000万円でした!

佐々木主浩選手といえば伝家の宝刀フォークボールを武器にセーブ数を築き上げていったクローザーとしても有名ですね。メジャーリーグで活躍した実績もあり、MLB通算129セーブは日本人選手最多のセーブ数となっています。

日本で全盛期の1998年頃は、防御率0.64と抜群の安定感を見せ、9回に佐々木選手が登板すれば落胆していた相手チームのファンも多かったことでしょう。

メジャーから横浜に復帰した2004年に日本人最高年俸である6億5000万円の2年契約を結びましたが、衰えも見え始めており、2005年をもって現役引退をしています。しかしながら、これまでの大きな実績から6億5000万円という大きな金額の契約を勝ち取ったといっても過言ではありません。

NPBを代表する素晴らしいクローザーであったことに間違いはありませんね。

 

過去最高額の大型契約をしたメジャーの選手はマーリンズのJ・スタントン選手の13年3億2500万ドル(399億4000万円)!

プロフィール
名前ジャンカルロ・スタントン
生年月日1989年11月8日
出身地アメリカ合衆国カリフォルニア州
身長・体重198.1cm/111.1kg
投球・打席右投げ右打ち
経歴ノートルダム高校

そしてメジャーリーグの過去最高の大型契約を勝ち取った選手は、マイアミ・マーリンズの主砲J・スタントン選手の13年総額3億2500万ドルでした。日本円に換算すると何と399億4000万円…とんでもない金額です。。。

マーリンズの主軸バッターで、フェイスガード付きのヘルメットがトレードマークのスタントン選手ですが、恵まれた体格からボールを飛ばす飛距離は凄まじく、2017年はキャリアハイのシーズン59本塁打を放っています。まさしくMLBを代表するようなホームランバッターになりつつあります。

スタントン選手は学生時代から様々なスポーツの才能があり、高校時代は野球、アメリカンフットボール、バスケットボールで活躍していた実績がありました。その才能がマーリンズの目に止まり、MLBのドラフトで指名、野球選手としての才能が徐々に開花し、過去最高金額の契約を勝ち取りました。

 

日本のプロ野球とは桁が違うお金が動くメジャーリーグ。スタントン選手の契約より更に大きな金額で契約をする選手は果たして現れるのでしょうか?将来有望な選手がMLBに現れた時、契約する金額にも注目してみるのも良いかもしれませんね!

 

まとめ

・日本の歴代年俸のランキング入りをしている選手には、晩年で契約をした選手もいれば、若い年齢の時から評価され、高年俸を勝ち取った選手が存在するなど年齢層は様々である。

・メジャーの歴代契約総額ランキングの金額は、日本のプロ野球の金額と桁が違っており、中でもA・ロドリゲス選手は2球団を渡り歩き、合算すると日本円で600億円近くの金額で契約している。

・日本の歴代年俸ランキングのトップは佐々木主浩選手の6億5000万円であり、メジャーから横浜に復帰した2004年に契約した際の年俸である。

・メジャーの歴代契約総額ランキングのトップはマーリンズのJ・スタントン選手の13年総額3億2500万ドル(399億4000万円)であり、高校の頃から様々なスポーツの才能があり、プロ入り後、徐々に才能が開花し、MLBを代表するホームランバッターへと成長した。