冬の免疫力増加レシピ。セックス、夫婦喧嘩、ペット…

免疫力増強の裏ワザ

冬場は、他のどの季節よりも免疫力が落ちる季節である。英国大衆知人<デイリー・ミラー>は23日、冬季’12の免疫力増強の裏技を紹介した。

◇ペンを一緒に使わないでください

インフ​​ルエンザ専門薬剤師によるとペンは病菌を伝染させるツールとなることがある。他の人と一緒にペンを共有しないことを促している。小さじや電話も同じだ。一緒に使用する必要が状況であれば、拭い使用するのが良い。

◇ 首をよく消毒してください

首スプレーを使用すると、風邪にかかるリスクを大幅に低減することができる。首気管支などに薄い保護膜を形成させ、病原菌の侵入を防いでくれる。

◇「ビタミンCよりもビタミンD “=多国籍製薬会社であるパルマノード(Pharma Nord)のベビー・デ・マントル博士は風邪やインフルエンザには、(ビタミンCより)ビタミンDがジクバンと助言する。マントル博士は「フィンランドと日本で行われた研究によると、ビタミンDを適切に摂取した人は、呼吸器疾患にかかる可能性がはるかに低い。ビタミンDは、抗ウイルス、抗バクテリア物質を形成するのに役立ちます」と語った。

◇ パーティーを楽しめ

社交性が良い人は風邪にもかかりにくい。カーネギーメロン大学の研究によると、家族や友人、職場の同僚、近所の人との出会いを頻繁に持つ人が良い免疫状態を維持する。

◇オレンジの代わりに茶

マントル博士は「オレンジやフルーツジュースは、健康に有害な糖を含有している。フルーツジュースではなく、水やお茶を飲む」と助言する。特にカモミール茶の健康に非常によい。

◇健全な夫婦喧嘩は、健康に良い

カリフォルニア大学の研究者たちは、夫婦間の健全な口論は、血液内抗ウイルス物質の生成を促進させることを発見した。しかし、相手を無視したり、皮肉をいう事は意味がない。

◇内蔵の善玉菌を供給せよ

免疫システムの70%は、消化器官と関連がある。内蔵の善玉菌を供給してください。ビフィズス菌(人の腸の中に住んでいる乳酸菌)を供給すると、免疫力を高めることができる。

◇口に不快な野菜をたくさん食べなさい

ニンニクやタマネギなどのにおいや味がきつい野菜を多く摂取すると、感染のリスクが低下する。

◇ペットを養え

アメリカウィルクスの研究者は、犬を18分間撫でた場合、病原体と戦う体内の抗体の数が急激に上がるという事実を発見した。別の研究では、ペットと一緒に育った赤ちゃんが、そうでない赤ちゃんよりも風邪などの病気にかかる割合がはるかに低いという事実を確認した。

◇キノコは魔法の食べ物

キノコは東洋で長い間治療薬として使用されてきた。特にシイタケは免疫力増強に優れた効果を持っている。キノコは太陽の光を利用してビタミンDを生成させる驚くべき魔法を揮う。キノコを食べる前に日光にした二時間干しておきなさい。キノコがあなたのためにビタミンDをたっぷり吸い込むだろう。

◇ 定期的にセックスを楽しんで下さい

定期的にセックスをすると免疫グロブリンA(Immunoglobulin A)の数値が上がる。免疫グロブリンAはあなたの風邪やインフルエンザから守ってくれるボディガードの役割をする。セックスをした後、気持ちのいい状態で熟睡を寝るストレス解消にも大きな助けを与える。

◇木を抱きしめてください

公園や森の中で時間を過ごすと免疫システムが強化される。木はフィトンチッドを発散する。フィトンチッドは木自身の害虫や病気から保護するために洗い流す物質である。フィトンチッドを多く吸い込む病原菌と戦う白血球の数が増える。