北朝鮮と米国の今

北朝鮮は、両国が「火の交換」に戻ることができるとワシントンに警告した。

北朝鮮は、米国が制裁措置を継続していることに満足していない。今週末、 外交圧力が継続し、人権侵害に介入しようとしていると非核化努力が永久に終結する可能性があると発表した。

北朝鮮外務省は日曜日に発表された声明で、制裁措置を強化することによって核兵器を放棄するよう圧力をかけることは、「最大の誤算」になると主張している。実際には「韓半島の非核化への道は永遠に北朝鮮は、国務省に、人権記録をめぐって国家制裁を中止しようとすること、あるいは米国が「人権ラケット」と呼んでいたことをやめさせ、「火の交換」への復帰を警告した”

ドナルド・トランプ米大統領と金正日(キム・ジョンイル)総書記が6月にシンガポールで会談した際に、金正日総書記は、朝鮮半島の完全非核化に向けて努力することに同意したが、現在、非核化条項交渉は膠着状態にある。

VoxのAlex Wardが8月に報じたように、「非核化」が何を意味するのか、また、トランプが朝鮮戦争の終結を宣言する約束を守らなかった結果、異なる定義があるかもしれない。排他的です。一方、北朝鮮は、トランプの楽観主義にもかかわらず、未だミサイルを建てている。

トランプとキムは「愛している」かもしれないが、彼らの行政は別の問題である

トランプ氏は、金氏と前任者とのより良い個人的関係を保ち、たとえ彼と北朝鮮指導者が非核化手紙よりも「恋に落ちた」と言っていたとしても。

しかし、米国はシンガポール首脳会談以来数カ月間北朝鮮に経済的、外交的圧力をかけており、北朝鮮の怒りを引き出している。 北朝鮮外務省は、8月に、「トランプ大統領の意図に反する」と非難している米国と北朝鮮の関係改善を非難した声明を発表した。

北朝鮮外務省の新声明は、財務省が人権侵害と検閲をめぐってキム側の補佐官の3人をブラックリストに載せてから1週間以内に来る。

シンガポール首脳会議の時にワードが指摘したように、トランプはこれらの人権問題のいずれにも対処できなかった

※北朝鮮が世界で最も抑圧的な国と広く考えられている理由がある。現在、80,000〜130,000人の北朝鮮人が、残虐で悪質な虐殺で拘留された自国政府による政治犯として拘禁されている。ここ数十年に亘って、何十万人もの韓国人がこの虐殺で死亡した。要約処刑と系統的強姦は比較的一般的な出来事である。

北朝鮮だけがトランプと会いたいと思うのも不思議ではない。

しかし、そのような人格主義政治にはコストもあります。Voxとの最近のインタビューで、北朝鮮の専門家ヴァン・ジャクソンは彼が自分自身についてそれを作られて、部分的にので、トランプが実際に悪化し、北朝鮮の危機を作ったことを言いました

※トランプとキム、しかし特にトランプは、全面的な状況を彼らの個人的な化学に人道的にさせるような形で核の対立をパーソナライズした。

対立の構造は変わっていない。核の状況は変化していない。制裁は変わらない。そして、率直に言って、彼らはそうするつもりはありません。デッキは積み重ねられ、敵意を募らせます。これは、トランプ氏が北朝鮮についてどのように感じているのかを代表するものではなく、大部分の米国人が北朝鮮についてどのように感じているかを代表するものではないという事実によって、さらに大きく変わっている。