日本は米国から約150機のF-35戦闘機を購入する計画だ

この動きは、より積極的な中国と反革命主義のロシアに対する国の防衛力を向上させるためのものだ。

日本 は、米国からのF-35ステルス戦闘機約150台を購入する計画。これは、より積極的な中国と反革命主義のロシアに対してより良い防衛を行うために、国の老朽化した軍備を活性化させることを意図している。

大野啓太郎国防相は、来週の新防衛指針の公開の際に、私と東京事務所の一部の米記者団に火曜日に発表すると発表した。

各F-35の費用は約1億ドルで、日本にとっては大きな買い物です。大野大統領は、147機の旧型戦闘機をより現代的な飛行機に置き換え、軍事的に防衛する能力を国に与えることを目標としている。

しかし、グローバルな反応は大きく異なる可能性が高い。このニュースは、アメリカの経済に十分に投資していないと日本から長い間批判されているドナルド・トランプ大統領を必ず喜ばせるだろう。

しかし、日本最大の地域軍事競争相手である中国を怒らせることはほぼ確実だろう。購入が大幅に日本の防衛を向上させるだけでなく 、中国とアメリカがますます重要な貿易戦争に縛られているように、米国との緊密な関係を築くのにも役立つでしょう。

ステルス能力を持つ米国のハイテクF-35機に対する日本の望みは、長年にわたり知られており、日本の当局者はこの決定を最近数週間で示している。日本の上級管理職が日本の大量購入を計画していることが初めて確認された。

また、ニューヨークタイムズは、日本が最大級の軍艦を新型F-35を搭載可能な空母に変える計画を明らかにした。そうすれば、飛行機運送業者を持つ小規模なクラブに日本が加わり、中国との緊張がさらに高まる。

日本は軍事的に高度化している

日本軍は自衛隊と呼ばれており、それは単に「軍隊」の巧妙な婉曲表現ではない。それは、第二次世界大戦後の憲法に示されているように、国家を脅威から守る権限があり、他の力を完全に攻撃することから。

つまり、新しいF-35は、おそらくすぐに中国の船を攻撃することはないでしょう。しかし、より有能な航空機の購入は、日本の軍に火力を加えている。

また、両軍は同じ戦闘機を持つので、軍隊を米軍と並行して運営できるようにする。

しかし、それでも日本が心を変えることは可能です。景気後退や来年の総選挙での安倍晋三首相の敗北は、決定に際して潜在的に再考される可能性がある。

しかし、これらの結果は今のところ特にそうは思わない。つまり、日本の軍隊は、おそらく近い将来、光沢のある新しいアメリカの戦闘機のまったく新しい群を特徴とするだろう。