ビットコイン(BTC)高騰で年初来最高値を更新中 一時57万円付近まで推移

ビットコイン(BTC)は午後1時半付近から急激に価格が高騰し、一時的に57万円付近まで推移した。

1時間で20%以上高騰し、昨年のボラティリティを彷彿させた。

取引所のIEOが流行し、草コインが爆上げを繰り返している中で、ようやく重い腰をあげてBTCが動き出した。

BTCの考えられる急騰理由

急騰理由

・レジスタンスラインの上抜け
・ビットフィネックス でのBTC現物が前日比7倍
・各取引所でのロスカット(強制決済)

ビットコインのレジスタンスラインを上抜け

ビットコインのレジスタンスラインは昨年5月からの節目を迎えていた。抵抗線も超えてきたのはトレンドの転換のポイントとなりそうだ。
まだトレンドが転換したとは言えないが、転換期に差し掛かっていてもおかしくないであろう。

ビットコインの相場に大きな影響を与えるビットフィネックス

また、海外取引所のビットフィネックス の現物取引はBTCの相場に大きな影響を与えると言われているが、こちらが前日比7倍までになっている。
取引高を伴う今回の急騰も、トレンド転換を匂わすサインんかもしれない。

OKExでは30分以内に1.8億USDのロスカットが行われた。

内訳:1.5億USD成約済、2171万USD未成約

BTCのロスカット:1.2億USD
EOSのロスカット:1850万USD
LTCのロスカット:1091万USD
ETHのロスカット:1090万USD
XRPのロスカット:177万USD
ETCのロスカット:32.3万USD
その他のロスカット:2000万USD

先物のロスカットは今後も転換期で大きな問題を抱えそうだ。