アービトラージ

取引所間の価格差を利用し、仮想通貨の売買を行い利益を得る方法。同じ仮想通貨でも取引所ごとに価格差がある。端的にいうと、価格差を利用し通貨を売買して取引所の価格差を利益にする。日本語では『裁定取引(さいていとりひき)』と呼ぶ。 例えば、BTC(ビットコイン)をA取引所で39万円で買って、B取引所で40万円で売る。1万円の利益!!

トークン

物やサービスを交換することができる代替貨幣。一般的に使われている通貨や紙幣は政府の権力により発行されるが、トークンは主に民間企業・団体や個人から発行され、使用が比較的に限定されている。主に資金調達のために発行されるが、それを購入することで発行元のサービスやモノへトークンを使用したり、そのトークン価値が上がった場合、仮想通貨取引所で他の仮想通貨と交換可能。

ブロックチェーン

『分散型台帳技術』と呼ばれ、みんなで共有・管理をしており取引履歴の保管はブロックで行う。また、取引履歴は誰でもみれる。例えば、『仮想通貨をAさんからBさんに送りました』という情報をいくつかまとめたものをブロックと呼んで、それをいくつも鎖のように繋いでいくのでブロックチェーンという。

ウォレット

仮想通貨を保管する場所。ウォレットにはお財布という意味があるので仮想通貨用の電子財布と理解する。

STO(セキュリティ・トークン・オファリング)

セキュリティトークンとは、セキュリティ(証券)の意味を持つトークンを示す。投機的価値を持つトークンを各規制機関のルールに従って投機商品として発行しちゃおう。みたいな感じで、つまり最初から投資商品という前提で然るべき規制機関の監視のもとで有価証券としてトークンを発行するということ。

ICO(イニシャル・コイン・オファリング)

企業がプロジェクトを遂行するために仮想通貨を使用しておこなう資金調達のこと。簡単にいうと『仮想通貨業を立ち上げる際のお金を集める仕組み

プラットフォーム

仮想通貨の中には『プラットフォーム型』と『通貨型』呼ばれる通貨がある。プラットフォーム型の仮想通貨は、基盤となるシステムとしてトークンの発行やアプリケーションの動作ができるのが特徴。コンピューターにおいて、ソフトウェアが動作するための土台(基盤)として機能する部分のこと。

※代表的な仮想通貨で例えると…プラットフォーム型→ETH(イーサリアム)・通貨型→BTC(ビットコイン)

ETH(イーサリアム)

プラットフォーム型の仮想通貨で、分散型アプリケーション(Dapps)やスマートコントラクトの構築が可能。時価総額はビットコインに次ぐ第2位で、多くのトークンがイーサリアムのプラットフォームを利用して発行されておりICOでの利用も多い。

働き方改革の今だからこそ、副業として手っ取り早く始められるチャンスだね!!