日本の金融庁(FSA)は、(ビットコインたいBTCを)としてはもはや仮想通貨として記載されていないCointelegraph日本は 4月8日に報告しました。報告書は3月4日の会議の議事録を参考にした。

中に本会議財政審議会の第41回総会で、金融部門の第29回会議、京都の大学の教授岩下後藤はビットコインを見ての彼らの方法を再考するためにメンバーに呼びかけ。

彼によれば、その無限の長さのおかげで、それが10年の歴史の中で世界中に存在してきた最大の暗号通貨は、今や単なる行動の手段以上の何かになっています。

「Bitcoinを仮想通貨と呼ぶのはふさわしくないだろう」と彼は言った。

これらのコメントは、日本が国内の暗号通貨業界を公式化し続けているときに現れます。FSAは今、新しいのライセンスに始まったcryptocurrency交換するために許して日本市場に積極的になりたいです。目的は、有利な規制を作成することです。

待機リストが長いライセンスシステムは、過去2年間の出来事に対する部分的な反応でした。特に、2018年1月には、地元の証券取引所Coincheck に対する百万ハッカーによる攻撃がありました。

国内の他の工業消費財もこれらの動向に適応させるべきである。暗号通貨での列車の旅費を支払うことが計画されています。先週、日本の取引プラットフォームLiquidはユニコーンの地位に達しました。これは、現在10億ドル以上(約8億9000万ユーロ)と推定されていることを意味します。