モンデクス(Mondex)は電子マネーのブランドであり、実装したシステムである。モンデクスは、英国National Westminster BankのTim JonesとGraham Higginsが考案した。

モンデクスカードは対人の送金を可能にするオープンシステムでは、銀行の中央システムを通さずにカードとカードや個人と個人の間にお金を送金することができる。また、ICチップに現金情報を保持して現金のように使用することができる。同時に5カ国の通貨を保存することができた。

次は、ウィキペディアの「モンデクス」の韓国語バージョンの内容である。「国民銀行、朝興銀行、現代総合商社、マスターインターナショナルなど10社が出資してモンデクスコリアを設立し、COEX展示場、済州島などで電子マネーモデル事業を実施した。モンデクスコリアは電子マネーやクレジットカードを含むスマートカード決済端末システム技術と国際電話を交換する無線インターホン特許、および通信ネットワークを構築したモンデクステレコンとモンデクスネットワーク合弁会社を設立した「

モンデクステレコンは前マスターカードコリアとモンデクスコリアの代表キム・グンベさん、会長、前放送通信委員会委員長チェ・シジュンと前情報通信部長官ヤンスンテクなどが代表として務めた資本金40億の別定通信事業者であり、モンデクスコリアはハングルのラップトップコンピュータを最初に開発したニュテクコリアの合弁会社ニュテク情報通信に投資してモンデクスカードの子会社に編入した後、決済端末との通信業務を担当した。

ジョンチャンイク(鄭燦翊)代表は、クレジットカード端末を利用した電子マネー決済システムなどの金融特許と無線VOIP接続装置及びこれを利用したインターネット通話システムなどの複合特許、決済端末機能を内蔵したVのオiPhoneの通話装置などの国内特許と中国の特許をはじめ、100以上の特許を保有しており、2018年末高麗大、韓国電子政府の輸出振興協会副会長出身の仮想通貨の専門家であるリュチョルウンを副社長に迎え入れて、その中に休眠状態だったモンデクステレコンとモンデクスネティウォーク事業者登録を2019年復活させモンデクス電子マネー事業を本格的に推進する動きが検出されており、成り行きが注目される。