中国政府の規制強化で中国の投資家は海外への関心が高まる

中国は、仮想通貨と関連するすべての取引活動を禁止措置している。この措置の原因は違法な手段で、仮想通貨が悪用される事例が増え、国民の保護のために、仮想通貨の取引を一切禁止しているが、暗黙のうちに盛んに行われている。これにより、リスクが発生しており、政府が乗り出し仮想通貨取引所を閉鎖しているが、仮想通貨売買の継続的参加しようとする中国の投資家が海外に目を向けている状況である。

中国は、仮想通貨を法定通貨として見ておらず、バブルという断固とした立場を見せている。現在、中国では、ブロックチェーン自体は育成しながら、仮想通貨の投資との取引は禁止されている。

全世界的に、仮想通貨ブームが吹き、中国では、仮想通貨投機と採掘が急増すると当局から各種規制を相次いで発表した。中国の仮想通貨取引所ビットチャイナ(BTCC)は、政府の指示に基づいて閉鎖され、仮想通貨産業に少なからぬ打撃を受けたことがある。

このような中国当局の強硬な動きにもかかわらず、中国人の仮想通貨の投資への関心が冷めていない。むしろ、まだ熱い。今では、仮想通貨市場環境が楽観的ではないが、今後、世界的に仮想通貨合法化が推進されると、中国も規制を緩和し、中国の仮想通貨の投資規模と関連事業の規模も急成長することになるとみられる。

しかし、現在、中国政府の頑固な立場を見れば、短期間に解決される可能性は希薄である。中国人民銀行は昨年12月STO(証券型トークン公開)も、中国では合法でアンダミョ市場の不法を明らかにした。

最近のビットコインの価格急上昇が続き、中国でも、仮想通貨の投資に関連する情報とニュースが市場に聞こえるながら関心が集中している。中国のメディアによると、中国の仮想通貨の投資家は、海外取引所を介して投資をしていると明らかにした。

中国人投資家は自国の仮想通貨の取引が難しくなると、英国、日本、米国、香港、韓国などに登録された取引所を利用していることが分かった。