仮想通貨取引所シルクロード、仮想通貨保有時の利息利益を適用

第4世代のグローバルパスワード貨幣取引所シルクロード(CILKROAD)が来る26日正午から仮想通貨保有時の利息が支払われるインターレストポリシーの一部の基準を適用する。

シルクロード(CILKROAD)は26日正午から各コイン別の取引量に関係なく、仮想通貨を保有している顧客に取引所であるマーケティング手数料の10%を支給すると最近発表した。

インターレストポリシーに含まれる仮想通貨はビットコイン、イーサネットリウム、リップル、イオス、エイダ、ICB、AVIファイルなど計7つのコインであり、特にICBトークンの場合、インターレスト収益共有はもちろん、特別利益のトークンに選ばれ取引所である手数料20%に相当する収入を得ることができる。

ただし、各コイン全体保有資産が1CNT以上の場合にのみ、対象者となりますので注意すること。

シルクロードの代表ポリシーのいずれかであるインターレストは、仮想通貨を保有しているだけで取引所の収益を共有する政策的には、仮想通貨取引ではなく、相場の回復を待っている「ホルダー」に適している。

シルクロードの関係者は、「顧客との共生(相生)をモットーとするほど、できるだけ多くの方にメリットをしたいと思い、既存のポリシーの基準を緩和した」とし「多くのホルダーが、そのポリシーを積極的に活用して取引がなくても利息利益を受けて見てほしい”と伝えた。

一方、シルクロード取引所は、既存の取引所コインの問題点として指摘されたインフレ懸念を解消した、独自の収益共有システムを国内で初めて導入した第4世代取引所にインターレストはもちろんメダリストなど、さまざまな収益共有ポリシーを披露し注目されている。