G20の金融国際機関FSB「仮想通貨、国際標準規格で亀裂が発生する可能性」

G20主要金融国際機関、金融安全理事会(以下FSB、Financial Stability Board)のランドールクウィルス(Randal Quarles)議長が「仮想通貨が世界的な金融の安定性へのリスクをくれないが、規制の範囲を超えて、または国際標準規格の部材で原因亀裂が発生する可能性がある」と言及した。

25日(現地時間)ロイター通信の報道によると、クウィルス議長は、日本で開催されるG20首脳会談に先立ち、「小規模決済のために仮想通貨資産が広く使用されると、規制の高い基準が適用される対象となって規制当局の徹底した調査が行われるだろう」と明らかにした。

また、彼は「FSBと標準設定機構は、関連リスクを非常に綿密に監視すること」とし「必要に応じて、多国間の対応を検討する予定だ」と付け加えた。

昨年3月のG20財務相・中央銀行関係者は、仮想通貨資産を監視することに同意したいくつかの加盟国が要求する具体的な措置は履行されなかった。

一方、報道によると、FSBの金融革新ネットワークはFacebookと会っリーブラについて議論したが、その議論は具体的でないことが分かった。