BTCが急上昇していた間、とある暗号通貨は年初来737%増

ビットコインの価格は、水曜日の値下がりにもかかわらず、1月以来234%上昇しています。しかし、主流メディアがbitcoinの台頭を説明するためにスクランブルをかける一方で、1つの暗号通貨は静かにトップ25のすべてのデジタル資産を凌駕しています。LINK、Chainlinkのネイティブトークンは年初来737パーセント急上昇しました。

LINKの上昇は放物線のようですが、暗号のポンプアンドダンプではないようです。価格の背後にある本当のファンダメンタルズがあります。2019年だけで、Chainlinkはグーグルとオラクルとの取引を結び、Ethereumでそのメインネットを立ち上げ、そしてCoinbaseの上場を確保した。

チェーンリンク価格チャート年初来
チェーンリンク価格チャート年初来

年初来737%増のChainlinkとは何?

Chainlinkは、スマート契約という言葉の中で重要な役割を果たすようになりました。Ethereumがこのテクノロジを普及させた一方で、スマートコントラクトが他のブロックチェーンや実際のシステムと対話することは非常に困難です。

Chainlinkはギャップを埋め、スマートコントラクトが既存の銀行ソフトウェア、データフィード、およびAPIと通信することを可能にします。創設者のSergey NazarovはそうDecryptに説明した 。

「基本的に、私たちの目標は優れたブロックチェーンミドルウェアを作ることです。それを言う最もセクシーな方法ではありませんが、私たちがしていることは、存在する価値のために接続される必要があるシステムを接続することです。」

GoogleとOracleとのChainlink提携

Googleのクラウドチームは、ブロックチェーンプロジェクトを改善するためにすでにChainlinkを利用しています。GoogleのBigQueryは、「クラウドデータベースとEthereumの仲介者としてChainlinkを使用する予定です。」Googleクラウドブログの投稿で、彼らは説明した。