Bitcoinの復活がアジアのCryptocurrencyの関連株株で上昇を牽引

15ヵ月ぶりにビットコインが11,000ドル以上に上昇したことが、月曜日にアジアの関連株の上昇を引き起こした。

GMO Internet Inc.は10月から東京で7%上昇し、最高水準に達した。一方Metaps Inc.は 11%、Remixpoint Inc. 6.2%、Ceres Inc. 4.4%の上昇となった。ソウルでは、Vidente Co.が 5.4%も上昇し、Woori Technology Investment Co.が4.6%上昇しました。

SmartKarmaに掲載しているLightStreamのリサーチを担当するアナリスト、Supun Walpola氏は、次のように述べています。「暗号通貨に晒されている株式を長期的に入手することは、Bitcoin / cryptocurrencyの強気相場で過去に見たことがあります。特に、暗号の変動性を避けたいが、同時にある程度の露出をしたい人はいます。」

Walpola氏は、GMOのような大企業ではRemixpointのような小規模企業よりも比較的小さい純利益の増加で、暗号通貨の増加による影響は企業によって大きく異なることを指摘した。「しかし、過去に経験したことは、株価がこれらの企業が暗号サージの間に得るであろう実際の利益を超えて増加する傾向があるということです。

GMOインターネットは、数多くの上場子会社への投資だけでなく、幅広いウェブ関連サービスを提供しています。5月16日付けのレポートで、Jefferies氏は、サーバをより安い電力で新しい場所に移動した後、「GMOは再びBitcoinマイニング事業に注力するようになる」と述べた。同社の株価は今年34%上昇している。

ビットコインが11000ドルに達すると、GMOインターネットは9ヵ月ぶりの最高値に近い
Cryptoの株価は2017年末にBitcoinの急上昇を記録し、昨年は急落しました。それで問題は最新の集会がどれくらい続くかということです。

「過去の経験から、この分野での成功は短期間であることがわかりました」とWalpolaは述べました。投資家は株式を比較的低いリスクで現金化する機会と捉えていますが、「そのような戦略は暗号化市場が赤字になると失敗することがよくありました。これはほぼいつでも起こり得ることです」。