暗号通貨取引所Huobiがトルコに拡大

シンガポールを拠点とする暗号通貨取引所のHuobiは木曜日、トルコにも拡大する予定だと発表した。「Huobi Groupは、現在進行中の世界規模での拡大計画の一環として、今後12か月以内にトルコ市場に積極的に参入する予定です」と発表した。

Huobiは、その計画にはトルコのリラ、トルコの現地リソースとローカライズされた製品およびカスタマーサービスを備えた支店の立ち上げが含まれると述べた。

「トルコは我々にとって非常に重要で有望な見込み市場であり、我々はそこにHuobiエコシステムをもたらすために積極的なアプローチをとることを計画している」とHuobiグローバルCEOのLivio Wengはイスタンブールでの会談の後に述べた。同社の中東および北アフリカ支店であるHoubi MENAは、トルコでの事業を統括します。

「私たちはトルコ人コミュニティから寄せられた回答に非常に興奮しています。彼らの支援により、トルコ最大の暗号化イベントの1つを無事終了しました。既にHuobi Globalのウェブサイトにトルコ語のオプションを追加しました。トルコ語のカスタマーサポートとトルコ語のモバイルアプリを展開する」とHuobi MENAの共同創設者、Mohit Davar氏は語った。

Davarによると、同社はまた、今年末までにトルコのユーザー向けに暗号化から実用化への道を開くことを望んでいる。2018年にオランダを拠点とするING Groupのためのパリを拠点とする統計会社Ipsosの調査によると、トルコの5人に1人の割合で暗号通貨に投資しています。

トルコ人の約18%が暗号通貨を保有し、ヨーロッパ人は9%に倍増しています。この調査によると、暗号通貨を保有しているアメリカ人は8%にすぎないのに対し、オーストラリア人の場合は7%に過ぎません。

取引量で世界最大の10の暗号取引所の1つであるHuobiは、毎日約10億ドルの処理を行っています。