暗号通貨の時価総額は3,230億ドルに達します。今後さらに多くのIEOが登場

PwCとCrypto Valley Associationが行ったレポートによると、暗号通貨市場の価値は、2019年6月末までに3230億ドルに達し、成長を続けています。

今年2月、cryptocurrenciesの時価総額は21ヶ月ぶりの安値を打った。しかし、5月末までに、その価値は2倍以上になり、それ以来成長を続けています。

規制の枠組みの継続的な明確化は、暗号通貨の価格上昇に寄与した可能性がある、と報告は示唆している。同様に、機関投資家や既存の企業からの新たな注目も市場にプラスの影響を与えている可能性があります。

レポートによると、今年は250を超えるトークンの提供があり、合計33億ドルを調達しました。

PwCのブロックチェーンEMEA責任者、ダニエル・ダイマーズ博士は、次のように述べています。「これは暗号業界の創造性と革新的な精神を反映しており、シンプルで安全なソリューションに対する需要が高まっていることを示しています。IEOは、暗号通貨による資金調達が確立され、制度化と信頼性の向上に努めていることを示しています。」