FATF、仮想通貨規制に関する法的拘束力のある措置を確立

6月21日、米国財務省長官は、米国財務行動タスクフォース(FATF)の大統領選挙の終了をめぐる声明を発表し、FATFメンバーが仮想資産金融活動および関連サービスプロバイダーの規制と監督に合意したことを確認した。同日、FATFは、「新技術に関する勧告15の解釈指針(INR。15)を採用し発行した」と述べた声明を発表した。そのさらに仮想資産に関連する国際規格にFATFの以前の修正を明確にし、国や義務を負うエンティティは、マネーロンダリングやテロ資金や増殖の資金調達のための仮想資産の誤用を防ぐために、関連するFATF勧告を遵守しなければならない方法を説明します。」と以前InfoBytesによってカバーされ、2018年10月に、FATFは、犯罪やテロの資金を調達するために使用され、更新されてから、仮想資産とcryptocurrenciesを防止するための措置取るためにすべての国を促したFATF勧告を「仮想資産」および「仮想アセット・サービス・プロバイダのための新しい定義を追加することをそして、その勧告が仮想資産や暗号通貨を含む財務活動にどのように適用されるかを明確にすること。

FATFの発表によると、INR。これは、各国がとりわけ以下のことを要求する「拘束力のある措置」を確立する。(i)仮想資産活動およびサービス提供者に関連するリスクを評価し、軽減する。(ii)サービス提供者にライセンス供与または登録を行い、それらを監督の対象とする。(iii)サービス提供者がマネーロンダリング防止/テロ資金調達(AML / CFT)義務を遵守しなかった場合、制裁措置およびその他の執行措置を実施する。(iv)サービスプロバイダーが、FATF勧告の下で、顧客のデューデリジェンス、記録の保存、疑わしい取引の報告、および対象となる財務制裁の遵守に関するすべての取引のスクリーニングを含む、AML / CFT予防措置の全範囲を確実に実施する。