全国的な業界団体のグループが、グローバルな暗号通貨協会を設立すると発表

地元のVirtual Asset Service Provider(VASP)を代表する全国的な業界団体のグループが、6月29日にCointelegraphと共有したプレスリリースで、業界の企業に世界的な代表を提供するための協会を設立する意向を発表しました。

前述の日本の業界団体は、協会の設立を目指して大阪で覚書(MoU)に署名しました。この協定に署名した団体には、オーストラリアデジタル商取引協会(ADCA)、シンガポール暗号通貨・ブロックチェーン産業協会、日本ブロックチェーン協会、韓国ブロックチェーン協会、香港ブロックチェーン協会、台湾ブロックチェーン・産業自主規制協会連合があります。 。

調印式は、VASPの代表者が規制当局と協力していることを確認した大阪でのG20会議と並行して開催された開会式のV20 VASPサミットで開催されました。ADCAの創設者でありV20の招集者であるRonald M. Tuckerは次のようにコメントしています。

「私たちは、政府機関やFATFと連携して、私たちの最善の利益が国際レベルで理解され評価されるようにするための手段を確立するのに役立つ新しい組織を創設するために旅を始めました。」

このプレスリリースは、覚書が政府や規制当局との対話の確立、情報交換の支援、政策と手続きの推進、業界の意識の向上、コンプライアンスの促進を目的としていることを説明しています。

Cointelegraphが今月初めに報告したように、G20の財務大臣と中央銀行総裁は、Financial Stability Board(FSB)と世界的な標準設定団体に暗号資産に関するリスクの監視を依頼した。

ハッシュキャッシュ作業検証システムを開発し、ビットコイン(BTC)に取り組む最初の人物の1人だったAdam Backは、今年のG20サミットでのブロックチェーンの積極的な使用について話しました。