トロン財団、2000万ドルの買戻し計画を発表

トロン財団は、ブログの記事で$ 20M(2000万ドル)買い戻し計画を発表しました、公開 6月25日を。

買戻しは、コミュニティの活動と市場の安定を強化するためのイニシアチブの一部と言われています。

同社は、これまで流通市場で最も広い報道を得て、最大のトロン(TRX)トークンの買い戻し計画を実施すると発表している。この買戻しは、合計2000万ドルに達する数バッチの形で1年間続くように設定されています。

2020年1月1日、トロン財団はTRXの保有を明らかにする予定ですが、同社はさらに、TRXのロック解除額について具体的な計画はないとしています。

TRONは、TRON分散ネットワークの開発と保守を提供するために設立された基盤です。TRXコインは当初Ethereumネットワークに基づいており、ERC-20プロトコルを介して開発されましたが、後でTronプロトコルに基づく独立した暗号通貨になるように変換されました。

Tronは6月上旬に、ブロックチェーンベースのプラットフォームOdysseyをバージョン3.6にアップグレードすることを発表しました。Odysseyバージョン3.6には、セキュリティや安定性の向上などの新機能が含まれると伝えられています。

5月、Tron はBitTorrentベースの分散ファイルシステムInterPlanetary File Systemの開発計画を明らかにした。この開発は、オープンソースのIPFSソフトウェアの変種であると伝えられており、「他の個人や企業と一緒に、ユーザーが自分のコンピュータでストレージを受信して​​ホストすることを可能にする」という。

現在、TRXはCoinMarketCapで12番目に大きなデジタル通貨であり、時価総額は約12億ドルです。altcoinは、プレス時には約$ 0.035で取引され、過去24時間で6.59パーセントを失いました。