Coinbaseのアンケート、米国の89%の人が仮想通貨に対する認知度をもつ

米国仮想通貨取引所Coinbaseが米国内で仮想通貨の認識と導入状況に関する調査結果を公式ブログを通じて28日(現地時間)発表した。

昨年2000人を対象にアンケートを行った結果、米国内パスワード貨幣認識率は増え続けた。アンケートによると、アメリカ人の半分以上58%がビットコインを聞いたことがあると答えた。

二重の一部は、投資ポートフォリオを多様化する方策として、パスワード貨幣に興味を持ち、「全世界の通貨」という概念により、パスワード貨幣を好む回答者もあった。いくつかは、パスワード貨幣が「手数料がない取引」を提供することを期待すると回答した。

パスワード貨幣保有人口の割合は、カリフォルニア州、ニュージャージー州、ワシントン、ニューヨーク、コロラド州、ユタ州、フロリダ州、アラスカ、ネバダ州、マサチューセッツ順に確認された。デラウェア州、ネバダ州、ワイオミング州拾っ保有人口比率は少なかったが、個人ごとの平均仮想通貨保有量が多かった。

仮想通貨の投資の理由は、新しい投資機会、新技術への関心は、学習目的などを聞いた。

30代の回答者は、「私たちの世代は、株式や債券、急騰した不動産より仮想通貨の投資がより意味と思っている」と答えることもした。

一方、仮想通貨導入率が高くなり、規制機関と政策立案者は、仮想通貨と基盤技術のブロック鎖を扱うための法律を設けている。今月の基準米国州70%以上が、仮想通貨、ブロックチェーン規制を確立した状態だ。

報告書は、今年、YouTube内ビットコイン検索量は新記録を更新し、昨年のGoogleビットコイン検索量が「王室結婚」や「選挙結果」の検索ボリュームよりも多かった高度明らかにした。

4月末、ブロックチェーンキャピタルのスペンサーボゴトゥが発表した調査では、年齢に関係なく、米国国民の大多数が、ビットコインを聞いたことが確認された。ビットコインの認知度は、2017年10月77%から今年の4月に基準89%に増加した。