米国仮想通貨取引所ErisXがCrypto Futuresのライセンスを取得

米国商品先物取引委員会(CFTC)の 組織(DCO)のライセンス をシカゴにある仮想通貨取引所 ErisXがクリアし、 デリバティブを調達した。

7月1日の公式ブログ記事によると、ErisXは今年後半に規制されたデリバティブ市場でデジタル資産先物契約を新しいDCOを通じて利用できるようにする予定だという。

ErisXはまた、4月にスポット市場を立ち上げ、最終的にスポットと先物取引のための単一の仮想通貨プラットフォームを展開することを約束しました。プレス時には、ErisXスポット市場交換が含まれ米ドルの取引と対BTC、BCH、ETHとLTC。

ErisXの顧問弁護士であるLaurian Cristeaは、仮想通貨先物が利用可能になると、スポットと先物の両方の取引に対応する単一のプラットフォームを提供すると述べました。

ErisXのCEO、Thomas Chippas氏によると、取引はDCOとDCMの2ストリームシステムを使用して取引を分けることで他とは一線を画しています。

「ErisXは、仮想通貨市場において、伝統的なDCM(交換)モデルとDCO(清算)モデルを使用してトレーディングと決済の機能を分割している点でユニークです。これらの市場をより高い関連性とアクセシビリティへと駆り立てます。」

以前にCointelegraphによって報告されたように、CFTCは6月に規制された暗号派生物と決済プラットフォームLedgerXへのDCMライセンスも許可しました。CFTCの発表によると、LedgerXは以前DCOを持っており、現在DCM登録を取得中です。

CFTCはまた、Facebookと今後の仮想通貨であるLibraについても話し合っているようです。