韓国の釜山はローカルの仮想通貨を開発を目指している

釜山がローカルの仮想通貨を開発していると、韓国のETnewsが7月1日に報道しました。

報道によると、釜山市当局は、現地持株会社BNK Financial Groupの子会社であるBNK Busan Bankと共同で、ブロックチェーンベースのデジタル通貨プロジェクトの開発を目指しています。

具体的には、釜山はステーブルコイン、BNK釜山の銀行口座の現地通貨に1:1のペッグを付けた仮想通貨の形でプロジェクトを開発している。地元の仮想通貨を発行することによって、釜山は地域経済を復活させると同時に、ブロックチェーンの主導的地位を確保することを期待している、と報告書は指摘している。

4月、韓国の中小企業省およびスタートアップは、政府が「釜山が独自のブロックチェーンベースの通貨構造またはトークン経済を発展させた場合、広範な支援を提供する」と計画していると述べた。

2019年2月上旬、釜山は、「関連スタートアップ企業との相互成長による地域ICT産業の発展への貢献」を通じてブロックチェーン産業を推進することを目的として、ブロックチェーン企業Hyundai Payと覚書(MoU)を締結しました。

以前、韓国政府は釜山市にブロックチェーン対応の仮想発電所を建設するために350万ドルを投資する計画を明らかにした。

一方、最近、主要な地元の商業用貸し手KB Kookmin銀行は共同で仮想通貨管理と保護ソリューションを探求するためにブロックチェーン技術会社Atomrigs Labと契約を結んだ。