オランダの閣僚は仮想通貨と特定の現金使用規制を要求

オランダの閣僚は、7月1日の声明で、マネーロンダリングの懸念に対して仮想通貨と特定の現金支払いを規制するよう政府に要請した。

当局は、政府は3,000ユーロ以上の現金支払いを禁止し、仮想通貨を規制し、500ユーロ紙幣を禁止するべきだと述べた。

昨年オランダの裁判所はビットコイン(BTC)が違約金支払の場合には正当な「譲渡可能な価値」であると認めたが、オランダは仮想通貨を合法通貨として認めていない。

声明によると、財務大臣Wopke Hoekstraと法務大臣Ferdinand Grapperhausは7月1日に議会に「マネーロンダリングへのアプローチ」提案を送った。

この草案は金融規制当局ならびに関連当局および金融情報部、警察、財政情報および捜査サービスならびに公訴サービスのような監視グループの執行能力の強化を求めています。

法案が承認されれば、銀行は疑わしい顧客に関する情報を共有することも奨励される。オランダはまた、クロスボーダーマネーロンダリングとの闘いに特化した欧州連合の規制当局の創設を提唱するでしょう。とGrapperhausはコメントした。

「犯罪は引き合わない。オランダではなく、ヨーロッパではなく、世界中ではありません。共同の努力を通じて、私たちはマネーロンダリングへのアプローチをより高いレベルにしたいと考えています。」

1月、Hoekstra はオランダの金融市場局と中央銀行の De Nederlandsche Bankから、仮想通貨サービスにライセンスシステムを導入すべきだという公式の助言を受けました。

Cointelegraph が5月に報じたように、オランダとルクセンブルクの当局はEuropolを使って最大の仮想通貨タンブラーの 1つ、つまり資金を混合することによって非私用コインの取引を私用に変換する匿名ツールを閉鎖しました。