Terra、Nexoとアジアの仮想通貨市場への進出拡大

ブロックチェーンピンテック企業Terraが仮想通貨住宅ローンサービス企業Nexoとアジアの市場拡大に乗り出す。

Terraは2日Nexoとのパートナーシップ締結を通じ、実用的な脱集中金融サービスの提供を目指し、アジア市場での新たな金融商品を披露し、仮想通貨市場を拡大する計画だと明らかにした。

このため、NexoはTerraをすぐにクレジットローンサービス担保オプションに編入することにした。NexoはTerraを導入し、消費者が信用調査のための面倒なプロセスを経ずに、名目貨幣や仮想通貨ですぐに融資を受けるサポートをする。Terraは顧客に既存の金融機関よりもはるかに高い最大8%高利回りを適用する。TerraはNexoを介してTerraを担保に融資を受けることができる、預金すれば、最大8%の利子収入を得ることもできる。Terraはネクソが提供する最大8%の利率に通貨発行益を追加提供する。

Nexoは一日単位で利息を計算するとすぐに信用貸付サービスをサポートする。NexoはTerraと協力して、アジア地域でより多様な金融ソリューションを提供する方針だ。TerraもステイブルであるTerraの活用範囲を広げ、伝統の金融市場とブロックチェーンの生態系をつなぐ重要継ぎ目に位置づけられる戦略である。

シン・ヒョンソンTerra共同代表は「Nexoのように信頼高く、経験豊富なパートナーと一緒に仕事ができてうれしい」とし「資産を売却する代わりに、これを担保に融資受けることができる機能は、Terraの利点を加える。Terra活用範囲を拡大し、Nexoの高利回りの預金商品と連携してシーニョレッジを追加収益で提供することに基づいて、消費者の利益は、より高くなるだろう」と明らかにした。

アンソニートレンシェフ(Antoni Trenchev)ネクソマネージングディレクターは「アジアで最も広く使用されるステイブルのTerraをNexoはすぐ仮想通貨貸付顧客に提供することは当然である。東南アジア代表Eコマース企業と協力するTerraとのパートナーシップを土台にアジア全域に仮想通貨を拡散するだろう」と述べた。

一方、Nexoは200以上の地域で45以上の名目貨幣サービスを提供しています。仮想通貨保有者が現金を迅速に融資受けながら資産の所有権はそのまま維持できるように支援する。Nexoプラットフォームに預けているすべての資産は、リード公認受託機関BitGoを介して安全に管理され、受託された仮想通貨資産は、保険業界の大手企業ロイドの最大1億ドルの保証保険商品に加入されている。