G20、共同宣言文に仮想通貨関連の内容含まれた

6月28日から二日間、大阪で開催されたG20首脳会議で発表された共同宣言文に仮想通貨に関する内容が含まれていました。

共同宣言文17条によると、技術の進歩は、金融システムだけでなく、経済全体の利益をもたらすことができているということと、まだ仮想通貨が世界経済を脅かす段階ではないという内容が盛られています。しかし、今なお残るリスクと発生する可能性があるリスクに備えなければならない必要性があり、そのために、国際的に仮想通貨規制にをしていくように要請をしました。

この他にも共同宣言文には、FATF(資金洗浄防止機構)が用意した指令を資金洗浄防止とテロ資金調達防止のために、積極的に活用するという内容が含まれていました。