ロシア財務次官、Libraに対し特別な禁止措置は取らない

ロシアは、Facebookが発売する仮想通貨Libraを禁止するための特別な規制措置を取らないとアレクセイ・モイセーエフ財務次官が明らかにした。
1日(現地時間)、ロシアのメディアインタファクスを引用したコインデスク記事によると、モイセーエフ次官はLibraがロシアで別の仮想通貨と同様の扱いを受けるものであり、仮想通貨に対する規制は用意されると述べた。

彼はFacebookのLibraについて記者の質問を受けて、「誰もLibraを禁止していない」と答えた。

モイセーエフ次官はまた、ロシアでは、どのような仮想通貨も決して法定通貨ではないことを明らかにした。彼は「ロシアの国家通貨とすべての活動は、ルーブルを利用して行われるだろう」と述べた。

コインデスクによると、モイセーエフ次官は、ロシアで仮想通貨が外貨と同様の地位を享受するものと予想した。彼は仮想通貨について「売買保有することは可能だろうが、(商品やサービス代金の支払いのための)仮想通貨の使用はできません」と述べた。

モイセーエフ次官は記者団に、多くの企業が透明な仮想通貨公開(ICO)の施行の機会についての問い合わせしている間、新しい法律がすぐに準備されると述べた。