元S&PグローバルマネージングディレクターMichael Binzが、Crypto Asset Ratingにコーポレートアドバイザとして加わった

重要な進展の中で、先駆的かつ独立したストラクチャード格付機関であるCrypto Asset Rating(CAR)が、元S&P GlobalのマネージングディレクターであるMichael Binzをコーポレートアドバイザーに任命しました。ビンツは、ストラクチャードファイナンス、資本市場、その他さまざまな分野で、非常に高く評価されているグローバルな経験をCARにもたらします。

重要な進展の中で、先駆的かつ独立したストラクチャード格付け機関であるCrypto Asset Rating(CAR)が、S&Pの元常務取締役Michael Binzを任命しました。コーポレートアドバイザとしてのグローバル ビンツは、ストラクチャードファイナンス、資本市場、その他さまざまな分野で、非常に高く評価されているグローバルな経験をCARにもたらします。

企業顧問として、Michael Binzは、CARが透明性と客観的な措置と意見の力と価値を活用するのを助けます。Binzは、ブロックチェーンや仮想通貨など、市場の新しい領域に自信と信頼をもたらすことを目的としているため、仮想通貨に対して最初の透明で独立した評価システムを開発するというCARのグローバル戦略にぴったりです。

「仮想通貨市場とブロックチェーン技術が拡大し続け、最終的には私たちの生活に大きな影響を与えることが明らかになってきたので、Crypto Asset Ratingと協力するこの機会に興奮しています。暗号通貨は最終的には世界中で主流の金融システムの一部になるため、CARはこの点で重要な役割を果たすと思います」

とMichael Binz氏は述べています。

「私たちは、Crypto Asset RatingのコーポレートアドバイザーとしてMichael Binzを歓迎します。Binzは、格付け業界では、グローバルなレベルで非常に珍重さ数十年の経験を運び、そして私たちは長く、実りある関係を楽しみにしています。」

とCrypto Asset Rating Inc.の最高経営責任者(CEO)は述べました。

Binzは、S&P Global Ratingsのマネージングディレクター兼グローバルコマーシャルヘッドでした。彼は、ブランドの整合性、才能、そして市場での存在感を再構築するためのグローバル機能の管理において、成功を収めてきました。彼の重点分野はストラクチャードファイナンス、資本市場、戦略、変更管理、販売および関係構築、そして信用リスク管理です。

S&P Globalでは、Binzはストラクチャードファイナンス格付事業戦略の策定に尽力しました。これは、南北アメリカ、EMEA、およびAPACで実施されました。彼は以前、S&P Globalの格付け部門の最高分析責任者でした。それ以前は、GEキャピタルでAVP&Senior Transactorの役職を歴任しました。Binzは、ペンシルバニア大学のWharton Schoolで財務のMBAを、Hendrix Collegeで経済学と会計学の学士号を取得しています。

Binz氏は、ブロックチェーンテクノロジを基盤とした包括的で透明性の高い、競合のない評価プラットフォームを構築することで、CARが急速に進化する暗号化市場の空隙を埋めていると考えています。もう1つの製品、Crypto Business Worldは、依然として不明瞭で威圧的なスペースであることに対する世界の知識と理解を広げるでしょう。

Crypto Asset Ratingは、依然として非常に規制されておらず、組織化されていない暗号およびブロックチェーン市場で先駆的な役割を果たしています。その格付けの枠組みは、15のカテゴリーにわたる125以上の定量的および定性的パラメータに基づいて、ICOおよび暗号資産の信頼性と信頼性を独自に評価する、初めてのシステムです。CAR格付けは、投資家、起業家および他の市場参加者が情報に基づいた決定を下し、疑わしく信頼できないプロジェクトを排除し、詐欺または無駄な事業に犠牲になるのを防ぐのに役立ちます。

CARはまた、Crypto Business Worldの開発も行っています。ここでは、エキスパートアナリストが詳細な洞察に満ちたコンテンツを共有して、世界中の暗号の視聴者に情報を提供します。プラットフォームのコンテンツには、記事、ニュース、レポート、インタビュー、ビデオ、ポッドキャスト、ケーススタディ、ウェビナーなどが含まれます。このように、CARエコシステム全体が、信頼性と信頼性の非常に必要な要素を暗号通貨とブロックチェーン技術の革命的な世界に導入することを目的としています。