プラストークンは複利で運用が億り人への最短ルートだ‼

プラストークン(PlusToken)のAI-Dogを稼働して仮想通貨を増やす場合、単利と複利の運用が可能です。単利と複利の異なる仕組みや特徴を理解して、自分のライフスタイルにあった運用方法を採用してください。

目次 [非表示]

  • 1 プラストークン複利の威力
    • 1.1 プラストークンの複利運用例
    • 1.2 単利運用と複利運用の違い
    • 1.3 単利運用と複利運用の比較例
    • 1.4 複利運用のデメリットと危険
    • 1.5 運用リスクで全額なくなってしまう可能性もある
    • 1.6 プラストークン複利の威力まとめ
    • 1.7 プラストークン効率の良い投資法

プラストークン複利の威力

プラストークンの複利運用例

例)元本100万円分の仮想通貨を1か月ごとに複利運用した場合

元利合計 利息 金利
1 1,100,000 100,000 10%
2 1,210,000 210,000 21%
3 1,331,000 331,000 33.10%
4 1,464,100 464,100 46.41%
5 1,610,510 610,510 61.05%
6 1,771,561 771,561 77.16%
7 1,948,717 948,717 94.87%
8 2,143,589 1,143,589 114.36%
9 2,357,948 1,357,948 135.79%
10 2,593,742 1,593,742 159.37%
11 2,853,117 1,853,117 185.31%
12 3,138,428 2,138,428 213.84%

単利運用と複利運用の違い

単利運用は、「預けた元本のみ」に利息がつきます。単利運用は預けた金額、いわゆる元本に対してのみ利息がつくタイプです。

例えば、現在のプラストークンで、100万円預けて月利が10%の場合、1か月の利息は単純に10万円になります。そして2か月目も元本100万円を基本に計算しますので、利息は10万円になります。そうすると、2か月で20万円ということになります。

対して複利運用は、「元本+利息」に利息がつきます。複利の場合は、ある一定の期間ごとに支払われる利息が次の期間の元本に追加されるので、この利息が足された元本をその期間の元本として新たに利息を計算していくことになります。

例えば、現在のプラストークンで100万円預けて月利が10%の場合、1か月の利息は10万円ですが、2か月目の利息の元本は「100万円+10万円」で「110万円」となります。このため2か月目の利息は11万円となり、1か月目よりも増えるわけです。単利と比べて、2か月目ですでに差が出始めているのがわかります。長期で見れば元本が毎月増えてくるので、利息分もどんどん大きくなります。

しかもプラストークンの大きな特徴は、元本に対して毎日利息がウォレットに入り、その利息を簡単な操作で複利運用できることです。

単利運用と複利運用の比較例

単利の場合と複利の場合で、実際どれだけ差が出てくるのか見てみましょう。

例)元本100万円、月利10%で3年AIで運用
【単利】100万円+利息360万円=460万円
【複利】100万円+利息3,500万382,763円 =3,600万382,763円

税金などを考慮しない場合、利息の差を比べてみると、複利運用の方がプラス3,100万782,763円となりました。上の例では、単利より複利の方がはるかに利息が高くなるのがわかります。

複利運用のデメリットと危険

以上のような結果を見ると、どう考えても複利運用を選びたくなるかもしれません。確かに計算上は圧倒的な差がでますが、実際に投資をしてみると必ずしも稼げるとは限りません。

2つのデメリット
●仮想通貨が塩漬けになりっぱなし
●運用リスクで全額なくなってしまう可能性がある

プラストークンで複利運用の場合、配当通貨を元金に組み込むわけですから、必然的に私たちの自由になる仮想通貨はありません。

一方の単利運用では元金は一定で、配当は元金に組み入れられることなくプラストークンウォレットに入ってくるわけですから、運用ででた配当分は私たちが自由に使える仮想通貨としてカウントできることになります。

このように、配当金の自由度がないという点が複利運用のデメリットと言えます。

運用リスクで全額なくなってしまう可能性もある

「投資に絶対はない!」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。運用中の資産が最悪の場合は全額なくなるリスクがあります。特に長い投資になればなるほどリスクは高くなるでしょう。利率の高い投資においては、損をするリスクも含んでいるという事を忘れてはなりません。ハイリスク・ハイリターンです。

プラストークン複利の威力まとめ

複利運用の威力とデメリットについて解説しました。複利運用は、単利運用と比べて利息の増加分が大きい反面、得た利息の運用の自由度が小さくなります。そして、何よりも最悪全額失ってしまうというリスクもあります。

特に利率の高い投資は、ハイリスク・ハイリターンであることを考え、単利運用や利益の全額を再投資に回す完全複利運用ではなく一部を再投資、一部を貯蓄に回すなど運用の仕方を考える必要があります。

プラストークン効率の良い投資法

●ETHで複利運用する
●元本を2倍にする
●元本回収して外部ウォレットに移す
●PLUSを貯め値上がりを待つ
●紹介報酬を増やす

ストレスを溜めないような投資を心掛けましょう!