2020年に ローンチへ その目的と現状を考察

Fabebookが2020年に「グローバル・コイン」と名のつく仮想通貨を発表する予定

2020年の第一四半期でのローンチを見込んでおり、2019年中にテストを実施するという。
現時点で公開されている情報は限られていますが、どうやらグローバル・コインは、複数の国々で発行・流通される通貨になる見通しです。
5月2日、Facebookは金融・テクノロジーサービスの提供とソフトウェア・ハードウェアの開発を行うために、スイスのジュネーブに「Libra Network」と呼ばれる組織を設立したそうです。

さらに、先月Facebookが独自のステーブルコイン・プロジェクトのために10億ドルの資金調達しているとの噂も流れました。

話題のポイント

Facebookは、独自の通貨(グローバル・コイン)を発行することで、一体何を達成したいのでしょうか。

このグローバルコインは、Facebookがこれまで密かに進め・言及を控えてきたステーブルコイン・プロジェクトと無関係ではないと思われます。
Facebook全体および傘下のWhatsApp上で利用できる仮想通貨に取り組んでいると報じてます。
この時、Facebookは通貨の計画についてコメントを控えたが、ブロックチェーンシステムに取り組んでいることは認め、以下のように述べていました。
「他の多くの企業と同様に、Facebookはブロックチェーン技術の能力を活用する方法を模索している。今回新たに結成した小規模なチームは、多数の異なる応用分野を調査する予定だ」(Facebook)

まとめ

詳細で厳密な情報は今後徐々に分かっていくと思われますが、仮想通貨・ブロックチェーン業界にとって、Facebookが与えるインパクトはさぞ大きいものになると思われますが、私は少々遅いのでは無いかと思ってます。