ブロックチェーン、AIおよびFintech技術に関する国際会議2019

参加者は、韓国、日本、香港、ベトナムからの専門家や多数の機関(役人、協会およびベトナム企業)の代表を含む2,500人。

今後のベトナムのグローバルビジネス化について

ベトナムでは、近年グローバル化が急速に進み、この分野は最優先で研究が進み実用化を目指しています。今回の国際会議2019は、国内外の専門家を集めて、ブロックチェーン、AI&Fintechの研究およびベトナムでの申請プロセスの推進に貢献することを目的としています。

事前インタビューで、プログラムの主催者であるH2P Electronics and Media Technology CompanyのジェネラルディレクターであるDang Quoc Thang氏は、ブロックチェーン、人工知能(AI)、およびFintechが技術動向を発展させていると述べた。

主催企業のElectronics and Communications Technology Companyはこれからもっと多き広がりを見せると発表

今回のフォーラムで、組織や企業はブロックチェーンの開発動向を包括的に把握できる。ベトナムにおけるBAFの組織はまた、ブロックチェーン、AI、特にベトナムのFintech、そして一般に東南アジア諸国の応用と研究の進歩を示しています。現在および将来のAIとFintech 同時に、世界のこの分野の一流の専門家と連絡を取り合い、ビジネスを効率的に運営、組織化、および実行するためのテクノロジーアプリケーションへのアクセスと展開を支援します。

今回のベトナムで開催される 国際会議2019 Blockchain、AI&Fintech Global Summit(BAF)はベトナムでスタートし東南アジア諸国で開催され、 世界規模 で広がっていく。

国際会議2019 の焦点は!?

グローバルビジネスにおけるAIとFintechのアプリケーション動向

アバターグローバルコンサルタントネットワークの社長であるによるNgo Duong Hoang Thao博士が「グローバルビジネスにおけるAIとFintechの応用動向」をテーマにしたトークショーを開催する。

問題に関するコミュニティのさまざまな質問に答えます。
中小企業、特にベトナムの新興企業にFintechを効果的に適用する方法。
2020年から2030年の間にFintechを使用している企業、およびBlockchain、AI、Fintechに関連するその他の多くの注目すべき問題に対する主要な障壁と解決策。

フィンテック産業における生態系開発 世界のToken Economy業界の動向とその仕組み。

実際、Blockchain、AI、Fintechの技術は、ベトナムの大手企業や企業によって研究され、投資されてきました。これらには、AI人工知能研究所 – VinAI Research(VinTech Companyの下)が設立されたViettel、FPT、またはVingroupが含まれます。中小企業や新興企業のために、今のところ、ベトナムには20以上の新興企業があり、Blockchainの応用研究がベトナムで登録されており、数十の新興企業が海外で登録されています。