時価総額で4番目に大きい暗号通貨であるBitcoin Cashは、51%の攻撃を目撃したと主張した後、最近、暗号通貨分野のハイライトとなりました。明らかに、事件全体が5月15日に発生した最新のハードフォークに関連しています。レポートによると、2つのブロックの再編成はBTC.TopとBTC.comによって行われ合計 で3,300 BCHに上りました。

これらすべての真ん中で、SBIホールディングスの仮想通貨取引所は来月暗号通貨を廃止することを発表しました。交換はその公式のブログ投稿(Google translateを通して日本語から翻訳された)を通して同じことを発表しました、

4月に行われた発表では、同取引所は4番目に大きい暗号通貨の上場廃止を開始したいくつかの理由を挙げていました。最初の理由は51%の攻撃だったとSBIは述べ、

「その結果、51%の攻撃が実行されたときに、次に生成されたブロックの記録に不正な取引を配布する可能性について疑問がありました。」

さらに、Bitcoin Cashのハードフォークも最初の通知で暗号通貨交換の懸念の1つでした。大幅な価格下落の原因は、Bitcoin Cash ABCとBitcoin Cash SVの間のハッシュ戦争の結果であり、1か月以内に時価総額が1,000億ドル以上減少する可能性があります。

日本の大手暗号通貨取引所は、顧客に3つの選択肢を与えました。1つ目はBCH持ち株をすべて売却すること、2つ目は持ち株をCooXWalletに譲渡すること、3つ目は取引所自体がすべてのBCH持ち株を顧客から購入して日本円を預金することです。

SBIは

「仮想通貨は、金融サービスを提供するという当社グループの経営理念に合致していないため、投資家保護の観点から継続的に取り扱うべきではないと判断しました。」と述べた。